藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2018年04月10日
先日エントリーラインナップを紹介したが、結果は鹿児島県日置市在住の訓平が優勝した。





この荷方節は津軽三味線とは違い派手さはないが、繊細かつ華麗な旋律は三味線を知らない方をも虜にする秋田が発信した名曲である。


中々簡単に弾ける曲ではなく、かなりの実力がないと入賞することは難しい。
と言うか出場するのがまず難しい曲なのです。


出場者は例年並みの33名、そのうち県外からが20名でその顔ぶれはベテラン勢がほとんどでプロ、セミプロも何人もいる。


そんな強者揃いのなか藤秋会の結果は10名の入賞枠に5人が入賞。


優勝      訓平。
3位       訓音。
7位       工藤勇樹
8位       訓浩
9位       京泰


藤秋会はこの大会に第2回目から参戦。
プログラムに歴代入賞者が記載されている。


第2回大会


第3位    加藤  訓栄


第3回大会

準優勝    加藤  訓音
第3位      加藤  訓栄


第4回大会

優勝     加藤   訓栄
準優勝  加藤  訓音
第4位    加藤   訓成
第5位     柴田   浩行 訓浩(さとひろ)


第5回大会


優勝       正木   啓太   栄正(えいしょう)
準優勝    加藤   訓煌
3位          加藤
  訓音
第5位       加藤  訓成


第6回大会     


優勝          加藤   訓煌
準優勝      加藤   訓成
第3位        加藤    訓浩
4位            加藤   訓音


第7回大会


第3位       加藤    訓音
第4位       加藤    訓浩
第5位     加藤   訓平


第8回大会

優勝         加藤   訓成
準優勝     加藤   訓音
第3位      加藤   訓平



 振り返ると努力の跡が見える。

努力に勝るもの無し!!!


みんな良く頑張りました。

関連記事