藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2018年02月14日
この時期、鍋を囲んで一杯が酒呑みの定番。
我が秋田には鍋の王様と語るにふさわしい、きりたんぱ鍋がある。

日本三大地鶏の比内地鶏ですダシをとり、セリ、ゴボウのトッピングが酒の旨さを増す。

各地にそれぞれ、オラが自慢の鍋があるのは承知してるが、鍋の中でも、あんこう鍋と言えば横綱級ではないだろうか。

日曜日に磯節全国大会に審査に行くことを察知した茨城の尺八屋さん(足立栞山)が先生が来るんだったら是非あんこう鍋をご馳走したいと電話を頂いた。

しかしながらその日は静岡地区連合大会の日で、終わってから移動はするが時間が遅くなるのでお気遣い無用とお断りしたが、既に予約をしたので遅くても良いと言う。


とは言っても静岡から移動して水戸まで行くとなると結構な時間がかかるのでこの次お願いしますと丁重に断ったがきかない。


さて?


ところが、静岡地区連合大会終了予定は5時過ぎだったがなんと!運の良い事に四時前に終わってしまった。

そこから、あんこう、あんこうと唱えながら移動して、水戸駅に着いたのが7時を少し回っていた。


ご丁寧に改札で足立さんの出迎えを受けホテルにチェックインしてから早速老舗の山翠に直行。




連休とあって長蛇の列。

流石老舗だ!

そしていただいたのがこちら。

なるほど、これが噂に聞きし、水戸のあんこう鍋かあ。








確かに列ぶだけの絶妙なお味でした。


ご馳走様でした。

関連記事