藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2017年10月10日
昨日は(一財)日本郷土民謡協会主催、第57回郷土民謡民舞全国大会器楽合奏コンクールの音合わせ。
本番は57名で臨むが、昨日集まったのは東海地区の27名。

本来は全員集まって稽古をしたいところだが、選手が広範囲に散らばっている為に全員が集まることは不可能。
しかしながらそこは合奏の藤秋会。

さて?どんな感じかなと合わせてみたら、最初からしっかりと揃っている。
年々技術的にハードルを高くして来たが、今回挑戦する旋律は初めてで、何年か前に滋賀大会でやろうとしたがいまいち満足するレベルに達せず断念した曲。

皆さんの努力宜しく今回は合格点まで達している。
自分の会ながら良く出来たもんだと感心する。

問題は和音部分で均等に人数を割れば良いというわけではなく、人数配分によって聴こえ方が違うので全員で音合わせ出来ないのがやや不安。

まあそれでも今までもそれを乗り越えて、ぶっつけ本番ながら他を寄せ付けない圧倒的な優勝回数を誇る。

勝つことは勿論だが所作も含めていかに藤秋会らしいクオリティの高い演奏をするかが大事。


協会初、【団体技能最優秀賞】を頂いたプライドをかけ、流石藤秋会!と言われるような演奏を目指して選手各自の自覚とさらなる奮闘を期待したい。

関連記事