藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2017年09月07日
私は2月の早生まれなので同級生の中には既に後厄の人もいますが、私は今年が本厄。

厄年は自分に直接災いがなくても身内に何かあったりと、決して侮れない統計学的にもその確率はかなり高いと何かの本に書いてありましたが、人間自分だけは大丈夫だと都合の良い様に考えるもの。
私なんかはその典型的な代表の様な者です。

しかし、世の中そんなに都合良く生きられる訳はなく、このたび厄年の信ぴょう性を上げるのに一役かうことになってしまいました。

ただいま、某県、某所病院に入院しております。
これまでの人生で風邪も何年かに一度ひく程度、大きな病気一つしたこともなく入院には全く無縁の私でしたが、不覚にも初入院することとなり、現在ベットの上にいます。

今日で4日目、症状は日に日に改善されやっと今日の午後には起きられる予定で、歩けるのを楽しみにしてる状態ですが、4日も寝たきりだったので果たして歩けるのか心配ですが、どうでしょうか?

初めて経験する入院なので他のことはよくわかりませんが、ここの病院の行き届いた看護には本当に頭が下がります。

ドクター、看護師、食事を持って来てくれる人、掃除のおばさん、事務所スタッフ。
全ての方々がとにかく親切で、患者のストレスにならない様に気配ってるのが感じられ、何とも感謝以外の言葉が見つかりません。


今まで自分が描いた事は全て実現して来て、本当にこんなに出来過ぎで良いのかな?と思うこともありましたが、神様があまり飛ばし過ぎは良くないので少し休めと休暇をくれたのかもしれません。

入院したおかげで、日頃大丈夫、大丈夫と勝手に決めていた内臓数値もはっきりと認識出来、これからの生活に大いに参考になりました。

まだまだ若いと思ってたのは気持ちだけで肉体は徐々に衰えていることを認識出来た事はプラス材料!

今回の経験を【災い転じて福となす】に出来る様にしたいものです。


予定のスケジュールも変更しなくてはならず、多くの皆さんにご迷惑とご心配をおかけし申し訳ございません。


私は大丈夫です。☺️

関連記事