藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2017年08月07日
昨日、大阪守口市文化センターエナジーホールで、第26回日本民謡ヤングフェステバルが開催され審査を努めさせていただいた。

この大会は全国から選抜された若人日本一を決める民謡の甲子園!とのサブタイトルがついている。

出演者を見ると27名。
えっ!随分と少ないなと思ったが、そのうちの2名は鹿児島の方で台風の影響で飛行機が飛ばず欠席。
したがって出場選手は25名とこの種の大会では非常に少ない。

しかしながら500名の客席は満席。
初めておじゃましたが根強い人気があるのが来場者の多さから汲み取れる。

決勝に進めるのが20名なので5人しか落ちないことになるが、皆さんレベルが高く点数を付けるのにひと苦労。
決勝に残った方々の唄は、武道館の全国大会で内閣総理大臣賞争奪戦のグランプリ部門にも匹敵するレベルの高さで二度ビックリ!!!!!


                 (決勝に残った方々)

結果20名の決勝で見事に優勝した方は先日夢舞台にゲストで出演いただいた、盛岡、三上紀子さんのお弟子さんの、山本樹(いつき)さん。



外山節を完璧に唄い上げ26代のチャンピオンに輝いた。
少子高齢化で民謡離れが進んでる中、この様な若者が懸命に研鑽を積んで民謡文化の発展に貢献してる姿を国はしっかりと目を見開いて評価してもらいたいものだ!!!!!


それにしても昨日の大阪は暑かった。
審査員だからしょうがないが、猛暑の最中のネクタイは一考しなければ。
外に出たらカッターシャツが絞れるほど汗でぐしょぐしょ。

少し痩せたかも知れない?


皆さんお疲れ様でした。

そして樹さんおめでとうございます㊗️!

関連記事