藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2017年08月06日
北陸富山を代表する民謡と言えば、越中八尾の風の盆で知られた、越中おわら節。

あまたある日本民謡の中で胡弓を使う唄と言えば富山県民謡をおいて他に思いつかない。

その音色はどこか物悲しく聴く人を忘れかけた故郷へと誘なう。

昨日富山県民会館で夏を彩る【富山まつり】のメーンイベントとして【2017越中おわら節全国大会】が開催され、僭越ながら審査委員長を努めさせていただいた。



富山にはもう35年も通ってるのでおおかたのことは理解できるが、この曲は北陸民謡、いや、日本民謡の中でも特に難しい。

上の句を一節で息を切らずに唄うことが求められるが、これは非常にきつく、私だったら間違いなく酸欠で病院送り。


絶妙な息の使い方を求められ、素晴らしい節回しながらあと少しというところで息切れしてしまい、残念ながら予選通過ならない方が何人もいた。

一般の部91名から決勝に20名が選ばれ、みごと第24回目のチャンピオンに選ばれた方が高桑祐香さん。



哀調おびた胡弓の音にのせた伸びやかな唄声と完璧な節回しは多くの観客をとりこにしました。


さらなるご活躍を祈念致します。


おめでとうございます㊗️

関連記事