藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2017年02月
はい、おわりぃー。ガシャン。
こんな感じで今月も終わりです。
いつもより3日少ないとは言いながら、あまりにも早くないですか?。
先月もそうでしたが今月は更に加速されているように思えて仕方ありません。
歳をとると、次第におなじ速度でも早く感じられるものなのでしょうか?
今年も残すところあと10ヶ月ですね、なんて言葉が出てもおかしくない。
しかし雪国秋田では寒く厳しい冬ともお別れ、明日から確実に春を感じる月、3月に突入です。
ここまでは早くても問題ありませんが、ここからは出来れば良い季節をじっくりと味わいたいので、できるだけゆっくり、ゆっくり進んでほしいです。

関連記事


世界遺産の姫路城がある姫路市に毎月通ってもう29年にもなる。
これだけ私を面倒見てくれたことに感謝以外の言葉が見つからない。
実は姫路教室でも長い歴史の中で色々なことがあった。
様々な価値観を持った人達の付き合いだから、当然といえば当然だが、苦しい時を支えてくれた方がこの方。
大師範の訓昭(さとあき)さん。



彼女にはまことに失礼を承知で言うが親子ほどの違いがある。
そう言うとえっ!と思うかたもいるかと思うが、彼女は見ての通りそんな風にはとても見えないほど若い。

夕べ教室終了後の食事会で、こんな私を最も尊敬できる人だと言ってくれた。
他の人が聞くと思わずえっ?と言われそうだが、社交辞令だとは知りながら訓昭さんの言動に驚愕しながらも内心は人生の大先輩に嘘でもその様に言っていただき本当に嬉しく思いました。

あまりのうれしさに思わず抱きしめてしまいましたが、撮られたこの写真は師弟愛そのもので、支えられてる幸せをしみじみと感じた夜でした。

このお気持ちを胸にしっかりと刻み頑張ります!


姫路教室の皆さんありがとうございました。

関連記事
夕べテレビで雪見温泉10選という番組をやっていて、堂々1位に輝いたのが我が秋田県の乳頭温泉郷。

ここ乳頭温泉郷は、日本一の深度を誇る田沢湖を見下ろす田沢湖高原から更に奥に入った所に、鶴の湯を代表する7軒の温泉宿がある。
都会の喧騒から離れ、疲れ切った体を癒すにはこの上ない場所で、紅葉のシーズンも良いが一面雪に覆われた幻想的な風景はリピーターが訪れるのも納得だ。
洗練された豪華料理を出すホテルも良いが、素朴な山芋鍋や、秋田名物きりたんぽ鍋に、稲庭うどん、、秋田民謡を聴きながらいただく秋田銘酒の熱燗は冷えきった体を芯から温めてくれる。
まさしく朱玉の瞬間をおくれるところがここ乳頭温泉郷なのだ。
ぜひ来秋の折には訪ねていただきたい一押しの所です。
ちなみに鶴の湯の支配人は私の中学の同級生ですよ。

関連記事
昨夜、清洲の事務所に帰って来たら、WOWOWで大好きな歌手、高橋真梨子さんが昨年行なったニューヨーク、カーネギーホールコンサートの模様がオンエアーされていた。


自由の女神、摩天楼、カーネギーホールの客席、マンハッタンの街並み、五番街。
高橋真梨子さんの歌う【五番街のマリー】が好きで自分でも良く歌っていたが、実際五番街にはじめて足を踏み入れた時はとても感動したのを覚えている。


すべて懐かしい私の一生の宝物だ。
藤秋会は贅沢にもこの世界の殿堂カーネギーホールで二回の公演を行なっている。

最初が今からちょうど20年前の1997年3月。
2回目が2008年の3月。



特に160人が行った最初の公演は、決して忘れることのできない感動のステージ。
最後の1曲が終わった瞬間、満席の客席が総立ちのスタンディングオベーション。

アメリカのテレビや映画では見慣れた光景だが、日本ではあまりそういう習慣がなく、慣れてなかったせいもありこれには流石に感動で滝の様に涙が溢れ出た。

後にも先にも60年の人生の中であんなことは初めて、いや一生経験の出来ないことだろう。
その模様が公演の次の日に日本テレビ、ズームイン朝で紹介されて話題になった。

そんな素晴らしいステージを2回も踏ませてもらった。 

昨日の高橋真梨子さんのステージは、その当時とダブって懐かしさだけではなく、よし!また頑張ろうとの勇気をいただいた一服の清涼剤になりました。

関連記事
昨日私も遅ればせながら還暦の誕生日を迎えました。
早生まれなのでほとんどの同級生は60歳をむかえています。

本来ならいつもの誕生日と違い60歳の記念ですので、何処ぞの料理屋でも行って祝ってもらったりしたら嬉しいのですが、昨日は1日稽古で、終わったのが9時。
しかも今日は朝一の飛行機に乗るために5時起き。
これでは料理屋も何もあったもんじゃありません。
しかも家族は名古屋に出払っていて家の中は私たった一人。

あああ~。
しかし持つべきものは同級生。
ご覧の二人が東京で私の誕生日を祝って、代わりに呑んでくれてると、ラインが来ました。


このお二人は昨年の10月武道館に応援に来てくれた牧雄君と光弘君。

ああ、俺もその席に行きたかったなあ。そう思ってた矢先。訓、稽古終わったかあ、とラインが来た。

やっと今終わったよお。
そうかあ、それは良かった。
今から3人で呑もう。
えっ!どうやって?
ラインの映像を使って呑もうよと言うことになった。
早速ラインの映像をつなぎ東京と秋田でしたが3人で呑んだのであります。

昔だったらとても考えられませんが、映像越しとはいえ、すぐそこで2人が呑んでいるような臨場感があり、何となく一緒にいるような気がします。

全く記念にもならないとても寂しい還暦の誕生日になると思いきや友の友情で、思い出に残る素晴らしい誕生日になりました。


牧雄君、光弘君本当にありがとうございました。

友の友情に乾杯!!!!!

関連記事



昨日のTBS朝チャンに日頃何かとお世話になっている藤秋会顧問、名古屋(株)近藤産興の近藤成章社長が出演していた。
名古屋で【何でも貸します近藤産興】といえばまず知らない人はいないほど有名な会社で、近藤社長は総師範、訓栄の叔父様にあたる。
とても発想がユニークでとにかく明るくポジティブで元気な社長、全国放送で更に勢いが止まらないのは間違いない!

成功の秘訣はとにかく明るくなければならないようだ。
ちなみに社長の妹さんが訓栄のお母様。
お母様は社長とそっくり!

残念ながら訓栄は父親似だ。
残念ながらとは失礼な話ですね???。


私も今日から60代の仲間入り、近藤社長を見習って明るく元気にポジティブに生きて行きます!!!!!!

関連記事


昨日、毎年この時期恒例になっている、秋田県民謡協会の資格検定試験が我が家の直ぐ近くの秋田テルサで行われた。

平成元年から行われているので今年で数えて28回目。
私はこの制度立ち上げから10年間事務局をやらせていただいたので思い入れが深い。

試験は唄、三味線、尺八、太鼓、民舞の五部門に分かれていて、五級から助教授までをそれぞれの専門分野の審査員が選考する。

以前は100名を越す受験者で賑わったが少子高齢化の波は如実にあらわれ、今年の受験者は49名と少なかった。
民謡王国として全国でも有数の名曲を持つ秋田県。
この素晴らしい民謡を正しく保存伝承し、民謡文化を発展させる為にこの資格検定試験は大きな意味を持っているのだ。

惜しくも今年残念だった方はその精神を理解いただき、是非とも来年頑張っていただきたい。


役員の皆さん大変お疲れ様でした。

関連記事
早いですねえ、ついこの前2月になったと思ったら2月もあと10日、東京では春一番が吹いたとか。
春の足あとが日に日に大きくなる様でどことなく楽しみになって来ます。
秋田もひと頃より大分雪が消え春の準備をしてる様です。



さて、この方を見て、えっ?誰かに似ていると思いませんか?
もうわかりますよね。

そうです。天才漫才師の横山やすしさんです。
この方は東証一部上場会社、木曽路、名古屋錦店の店長です。
実際に会うと、似ていると言うより、亡くなったと言うのは嘘で、実はここに勤めているのかと思うほどそっくりです。

なかなかここまで同じ顔の方も珍しいでしょう。
お近くの方は是非会いに行ってみて下さい。


実はもしかして横山やすしの弟さんではないかと私は密かに疑っています???

関連記事


昨日、三重の訓峯(さとみね)宅に稽古にうかがったらこんなものが飾ってあった。
訓乃(さとの)さんにこれは?と聞いたら、つるし雛と言って女児の初節句に飾るそうだが、私の住む秋田では見たことがないし、たまたま目に触れなかったのか他県でも見たことがない。
説明が書いてあるので参考にしていただきたいが、男児の場合は吊るされる物が変わるそうである。



所変われば品変わる。

色々な物が地域によってあるものだが、いずれにしても子供の成長を願う親の心は万国共通のようだ。

関連記事


夕べ、この方の訃報が飛び込んで来た。
福士豊秋さん、昨日の朝6時51分の旅立ちだったそうである。

弾いて良し、唄って良し。
彼の様な素晴らしい芸人はもう出ないかも知れない。
彼とは修行した店こそ違ったがその昔浅草で良く朝まで呑み明かし民謡談義をした。

最後にお目にかかったのは昨年10月の津軽三味線名古屋大会に審査員として来た折、楽屋でしばらく話をした。

歳は私より3つ上で28年組。
私の盟友、大田家元九郎さんが逝き、梅若梅清さんも逝き、遂には豊秋さんも逝ってしまった。

3人とも同じ28年組。
何とも寂しい限りである。

心からご冥福をお祈り致します。


合掌

関連記事