藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2017年01月06日


正月3日には全く雪がなく、ゴルフも出来そうな秋田だったが今日はこんな感じ。
このまま雪がなければなどと淡い期待を寄せたが、世の中そんなにこちらの都合良くなる訳はなく、きちんと帳尻を合わせてくる。


昨日夕方ピンポーンとドアチャイムがなり、はいと出たら、保険屋だと言う。
要件を尋ねたら、かけていた年金保険が満期になり、今年から年金をお支払いしますからとの内容。
ええ~?
早速説明を受けたが、従姉妹の保険屋に昔義理で入った保険が25年の満期をむかえたので年金を払うと言うのだが、なるほど年金を貰う歳になったのかとしみじみと思ってしまった。

日本人の男性の平均年齢は80.7ほどだそうだが、平均まで生きると仮定すれば、既に第3コーナーを回って最終コーナーに入ったことになる。
さて?、ラスト20年をどの様に生きるのか?
願わくばこのまま歳をとらずにあと100年くらい生きてみたいが、叶わぬ夢。

自分なりに精一杯生きて来たつもりなのでそう悔いはないが、いつの間にか最終ステージに入ってしまった。
今思えば若い時から人生設計はきちんとしておくべきだと思う今日この頃。

今日の日が明日もある様なのんびりとした考えはもう捨てて、これからは一日一日をもう少し大切に生きて行こうと思います。


正月から年金を貰える話は嬉しい反面、そんな歳になったのかなと寂しさが交錯した日でした。

関連記事