藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2016年12月
今年も今日で終わりです。
365という数字はかなり多いように思いますが、過ぎてしまえばあっという間。
早く感じるのは1日を無駄に使ってるからかな?なんて最近思う様になりました。
今年も色々な方々にお世話になりましたが、私の周りで特に印象に残った方はトヨタ教室の訓慶(さとけい)さんです。



以前も登場して頂きましたが1年の締めくくりに、慶さんに再登場して頂く事にしました。
訓慶さんは前のブログでもご紹介したようにトヨタ自動車OBで、入門29年目の大ベテランです。
たまたま前の藤秋会事務局をやってくれてた方が仕事の都合で出来なくなった。
幸いなことに訓慶さんがトヨタ自動車を退職したタイミングだったので、事務局と財務を兼務して頂く事になりました。

彼はアメリカ勤務もしていることから英語はペラペラ。
オリンピックプレゼンテーション、津軽三味線大合奏でギネスに挑戦ではギネス本部、イギリス本国とのやりとりの全てを代行して頂きましたが、その手際の良さと関係者への報告は完璧で、協会本部も舌を巻くほど。
その後に、ギネス認定証とDVDの注文の取りまとめも引き受けて頂き、正しく非の打ち所がない、とはこのことだと思いました。

彼の何が素晴らしいかと言えば、とにかくやる事が早い。
そして完璧な報告と、見ればすぐにわかるように全てが整理されている。
世界中の企業が学ぶトヨタ生産方式【カイゼン】を実践して来た人の仕事がこれだ!
流石トヨタマンだ!
トヨタマン揃いのトヨタ教室からは長年にわたって多くのことを学ばせて頂いたが、改めてそのスキルの高さには敬服する。

7月の訓栄会20周年記念公演や、10月のプレゼンテーションも大きな事だが、私は訓慶さんの頑張りを1番にあげて今年を締めくくりたいと思います。
来年は私の干支、酉年です。
諸々の事情で激動の年になりそうですが、どうか変わらぬご支援を宜しくお願い致します。


あらためまして今年お世話になりました全ての皆様に心から感謝と御礼を申し上げ、来る年が素晴らしい年になりますよう祈念致します。
ありがとうございました。

皆様、良いお年をお迎え下さい。

関連記事
落語の世界は良くわからないが、上手な人の噺は実に面白い。
先日テレビのWOWOWで博多天神落語祭りかなんかの番組をやっていて、何気なく視ていたらこの人の落語に引き込まれてしまった。

お名前が【柳家さん喬】さんと言うが、失礼ながら私はこの方の事を全く知らなくて、初めて見た方。
でも調べて見ると落語の世界ではかなり序列の上の方のようだ。
とにかく上手い。
何が上手いかと言えば、何人か登場人物がいるが男も女も見事に使い分けている。
其々の表情や仕草もすっかりその人物になりきっていて素晴らしい。
更に噺家には欠かせない扇子と手拭いの小道具で、物の見事にそのシーンを描写しているのには恐れ入った。
ハハア、恐れ入りましたとひれ伏すくらい上手い。
でも、待てよ。
もっと名前の売れてる人はどれくらい上手いのかと、同じ演目をやってる数名の名の通った人のを聴いてみたが、ダントツもダントツ!
比較したその演目は【小言幸兵衛】と言う古典だが、噺のトーン、登場人物の使い分け。小道具の使い方、間の取り方、表情。
どれを取ってもさん喬師匠にかなう人はいなかった。
熱烈なファンがいるのも頷けるが、おそらく私が知らなかっただけで知る人ぞ知る方なのだろう。
娘に聴いてみろと言ったら娘もこの人にはまりそうと言っていた。
【柳家さん喬】一度YouTubeで検索してみて頂きたい。
これが本物の芸です!

関連記事
まれにみるほどアナログ人間の私が同級生にすすめられブログを書くようになってから早7年が過ぎた。
良かったことは、ネタ探しの為とはいえ今までさして気にとめなかったような色々なことに目がいくようになったこと。
この度安倍首相が真珠湾を訪問したが、生存兵のお一人、ケリーさん(95歳)が語った言葉が印象深い。
申し訳なかったと行ってもらうより、行動で示してもらった方が良い。
【言葉は2分で忘れる。行動は永遠に記憶に残る】
私には実に深い言葉に思えたが、さて皆さんは?

関連記事


私が日頃大変お世話になってる会に日中経済交流会と泰山会があります。
日中経済交流会に入れて頂いたのが今から13年前。
その会の旅行がご縁で出来たのが泰山会です。
一昨日が日中経済交流会の忘年会で、昨日が泰山会の忘年会。

どちらも全員がだぶってますので2日続けてお会いした事になります。
この方々は秋田にも、そして武道館にも応援で足を運んでくれ、藤秋会の強力な応援団でありもはや家族同然のお付き合いです。
一番感じるのは全員が経営者ですので、相手の気持ちを大切にしてくれる事。
人付き合いはマナーを守れないと楽しくないし続かない。


今年のご厚情に心から感謝をし、来る年のご健勝、皆様のご健康をご祈念致します。


本当にありがとうございました。


関連記事


姫路駅に通ってまる28年になった。
訪れた回数は336回になる。

最初が平成元年の1月、今でもその時の事ははっきりと覚えているが、随分と遠い所まで来ちゃったなあと思った。
あれから28年かあ。
我ながら随分と通ったもんだ。

昨日は稽古納めでその後に忘年会をしてくれた。


28年にもなるとお互い気心が知れ家族同然。

本当にお世話になりました。
これで今年の稽古は全て終了です。
何事もなくお稽古を終了出来て皆さんに感謝です。


1年間ありがとうございました。

関連記事


鹿児島から陸路岡山まで一番早い新幹線MIZUHOだと3時間、随分と便利になりました。
昔は鹿児島から特急ツバメで博多まで出るのに4時間ほどかかった様な気がしますが文明の進化は凄まじいものです。

3時間ほどだと乗っていても飽きのこないちょうどいい時間です。
岡山教室もかれこれ20年になりますが、少ないながら皆さん一生懸命頑張っています。
昨日は部屋長の訓友さんが忘年会のあとにクリスマスだからと、二次会まで設定してくれてましたが、各地の気温差に体がついて行けず風邪をひいてしまいましたので、二次会はお断りして失礼致しました。


おかげで今日は酷くならず小康状態を保っております。


さあ、今日の姫路が今年の仕事納め。


風邪などに負けずに頑張りましょう!

関連記事

昔北島三郎さんの歌に薩摩の人と言う歌があったが、薩摩の人、鹿児島の人は実に純朴で義理堅く日本人の真面目で勤勉な魂をそのまま受け継いだ様な人達だ。
褒め過ぎ?
決して褒め過ぎでもお世辞でもありません。
鹿児島の人はそれほど良い人です。
鹿児島に通って22年目。

鹿児島に来る度に随分遠くまで来たんだなあと思います。
飛行機の機内誌にある路線図を見ると、秋田から鹿児島の遠さを実感しますが、実はこの教室には秋田にゆかりのある方が二人います。
写真右から四人目の進藤さんはお父様が秋田市内出身で、東京でお母様と知り合い、付いて来ちゃったとか。
写真真ん中にいる訓華(さとはな)さんの御主人の曽祖父の奥様は秋田の方だそうで、なんと曽祖父が屯田兵で北海道にわたってた時に秋田から働きに来ていた奥様を見初めて鹿児島まで連れて来たそう。
当時北海道から鹿児島までの交通手段は何だったのだろうか?
おそらく北前船かあるいは歩きだったろうから、気の遠くなるほどの日数がかかったことでしょう。
まあしかし、かわいい嫁さんを連れての道中ですからさぞかし、どんなに時間がかかってもそれはそれは楽しい旅だったでしょう。
そんな二人は来年の秋田訪問を誰よりも楽しみにしています。
さあ一夜限りの天文館に別れをつげて今日は一路北上。
今年もあとひと頑張りです。

関連記事


東京のど真ん中にこんなところがあるとは驚きだ。
場所は東京タワーの真下、芝の【とうふ屋、うかい】。
招いて下さった方が、テレビでおなじみの、読売新聞本社、特別編集委員の橋本五郎氏。



会食はご覧の四人。





左から、衆議院議員の村岡敏英氏、私、橋本五郎氏、共同通信編集委員の柿崎明二氏。


ぐちゃぐちゃ語る必要はありません。
私にとって珠玉の時間でした。

橋本五郎先生、皆さん、本当にありがとうございます。

関連記事
知り合いが今朝送ってくれたメールがほのぼのとして良いなあと思いました。
どこか優しさを感じるメールなので勝手に皆さんにおすそ分けしちゃいましょう。


★ 昨日の食卓に出たかぼちゃを母が曽孫に『風邪をひかないから一切れ食べれ』と促していた。
孫は首を振って手を付けなかったが、それを食べていた母は食後にくしゃみをしていた。

そして晩酌後に入った風呂には某スーパーで買ったと思われる「柚子」が4個入ってた。
時間が経ってないせいか、あまり香りはしなかったが、今年もいよいよ押し迫ってきた感じはした。


冬至にかぼちゃと柚子湯。
お母様の優しがにじみ出ていてとてもホットな気持ちになりますね。


旅先なので柚子湯に入れなかった私は風邪をひいてしまったようです。 ああ~~

関連記事



埼玉県の小川町から東京昭島の教室に通ってる方が島田さんこと、訓悠(さとゆう)さん。
役場勤めをされてた真面目な方で毎月片道2時間かけて習いに来てくれる。
2年ほど前、体調を崩して心配したがすっかり元気になった。


昨日の稽古終了後に、藤秋会に自分のお弟子さんを訓悠会として仲間入りさせて頂きたいと嬉しい報告。

この世界も中々会員増強には苦労している昨今、とても有り難いご報告だ。
訓悠さんの真面目で温厚な性格を見ると、お弟子さをもさぞかし素敵な方々間違いない!

皆さんとお会い出来る日を今から楽しみにしています。


一緒に頑張りましょう。

関連記事