藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2016年12月
今年もあと10日、今日から今年最後、1週間のロードです。
昔は1週間くらいは平気でしたが、最近は歳を感じるのであまり長い予定は組まない様にしてましたが今年最後ですので頑張ります!


さて、藤秋会の様な趣味の会では当然ながら出入りも多くあります。
色々な事情で会を退く人もいるわけですが、昨日久しぶりにある方からメールを頂きました。
この方は秋田の大渕さんと言う方で、通称、ぶちさん。
当時の雅号は訓臣〔さとおみ)さんと言います。

会創設期からのお弟子さんで良く酒を呑みました。
元々はバスの運転士さんでしたが、35、6頃でしたか一念発起して裁判所の職員試験に合格しそれ以後裁判所勤務で定年をむかえた筈です。

多少変わってると言われてましたが、義理人情に厚くしっかりと筋を通すところなどは中々真似の出来ない見習うべき方でした。
離れて何十年にもなるのに師匠として慕ってくれることはこの上ない喜びであり、非常にありがたく思います。


来年の秋田公演を楽しみにしてくれてるようですので、どうかご支援のほど宜しくお願い致します。


お弟子さんとはありがたいものです。

関連記事


富山県に教室を開設したのが昭和57年の5月だからまもなく35年にもなる。
いやはや随分と長くなったもんだ。
私も歳をとるわけだ。

昨日合同の孫弟子稽古があったがよくぞここまで続いてくれた。
大師範の訓政も訓芳も訓若ももうすぐ70歳、古希をむかえる。


ここまできたら地獄の果てまでお付き合い頂きましょう。


ただただ感謝、感謝、感謝です。

関連記事



世界のトヨタ自動車の本社がある豊田市に通って足掛け29年になります。
トヨタのメンバーからはかけがえのない多くの事を学ばせて頂きました。
今は皆さん定年になりましたが、トヨタイズムは定年になってもしっかりと体の芯まで染みついてます


人間成功する為には成功者を真似る事が近道。
しかしながら簡単に真似る事が出来たら誰も苦労はしません。
成功を掴むには並大抵ではない努力があるのです。
それでもやらないよりはやった方が良いに決まってる。

身近にトヨタと言う良い手本があったから今日まで頑張って来れました。
トヨタイズムは奥が深いです。
ひとつひとつ新鮮ですが、よくよく考えてみると当たり前のこと。
しかしながら人間この当たり前の事がなかなか出来ないんです。

昔、トヨタのスローガンに、打倒トヨタ!というのがありましたがこの時は目からウロコでした。
来年はこれで行きましょう!

先ずは今の自分を越えること。
その先に見たことのない新たな景色が広がる。

来年はトヨタに学びさらなる飛躍をします!!。


トヨタの皆さん、宜しくご教授お願いします。

関連記事

今日の秋田は大雪。
搭乗予定の飛行機は除雪が間に合わず1時間遅れ。
おかげで午後の予定を1時間遅くした。
雪国は大変だ。

関連記事


今朝の秋田市はこんな感じです。
夕べはほとんどなかった雪は一夜にしてこんな感じ。
雪国は大変です。


さて、夕べの忘年会で、宮城県石巻市から来ている訓實(さとざね)さんが【一斗二升五合】とはどんな意味かとたずねました。
どうしてそんな話になったかと言うと、昨日の稽古で我が家の道場にあるご覧の瓶の話題になり、お弟子さんがこれは中身が入ってるかとの質問。
口がコルクになっているのでだいぶ揮発してしまったから早く飲まなければと言う話を宴席でしたら、訓實さんがああ、あれは二升五合入りの【益々繁盛】瓶ですねと言う。


これは何年か前に全国大会30勝のお祝いに会員から頂いたもので確かに益々繁盛と書いてあり縁起物としてお祝いに贈るのは知っていた。

そこで、訓實さんがそれでは【一斗二升五合】はどんな意味かと聞く。
んっ?さてこれはいったいどんな意味だろうか?




正解はこうだ。
一斗は五升の倍だから(ごしょうばい、御商売)
二升は升が二つで升升(ますます、益々)
五合は一升の半分で半升(はんじょう、繁盛)となり【御商売益々繁盛】となる。
流石!訓實さんです。勉強になりました。




来年も皆さんにとって御商売益々繁盛となりますように。

関連記事

孫弟子を直接指導する、【総見】昨日は藤秋会孫弟子会の最大組織、訓栄会の日。

発会から20年を記念した7月の名古屋公演も大成功に終えて、どっしりと地に足のついた会に成長しました。

来年の秋田公演でも要となる訓栄会のさらなる飛躍を期待します。


来年も頑張りましょう!

関連記事
秋田にいると三重県と言っても失礼ながら地理的にあまりピンとこない方もいるかも知れないが、5月に伊勢志摩サミットが行われたことで一躍脚光を浴びた所。
あるいは昔から一生に一度は行きたい所の伊勢神宮がある所だと言えば、ああなるほどと納得するはず。

東海三県のひとつに数えられるが、京都と奈良に隣接していることから言葉も愛知や岐阜とは違い、関西弁に近く、男性の話し方も何処と無く女性的で優しい感じを受ける。

そんな三重県全域で頑張っているのが総師範の訓峯率いる訓峯会の皆さん。
昨日、県庁所在地の津市に孫弟子を指導する為にお邪魔したが、何と言っても感心するのは藤秋会一の纏まりの良さ。

宴会では全員が参加して行われる伊勢音頭の輪踊りはそれを象徴していて実に楽しい。

しかも、私ごとで素晴らしいケーキまで用意してくれたサプライズがありビックリ!


心に残るおもてなしに感謝感激です。


訓峯会の皆さんお世話になりました。
来年も宜しくお願い致します。

関連記事

何かと呑む機会の多いこの月。
全て載せると毎日呑んでいる様に見えるので間引き掲載してるが、1年を振り返り総括するのも来年に向かってとても大事なことであります。   ハイ。


ということで昨日はご覧の幹部の方々と、プロを目指して頑張っている訓煌が稽古終了後に納会。
リクエストにお応えして、この時期中国では欠かせない【火鍋】を囲んでじっくり反省会?

いつもがみがみ言ってた皆さんも良い年齢になり本当に頼れる存在になりました。
最近は私もすっかり呑めなくなり?次の日を考えてお先に失礼。

さて?解散はいったい何時だったのでしょうか?
来年は待望の秋田公演!

頼りにしていますよ。

関連記事
最近はブログの怠け癖がすっかりついてしまいました。
そんな私を戒めるようなメールが知り合いから今日送られて来ました。

☆    才能の差は小さい。
☆     努力の差は大きい。
☆     継続の差はすごく大きい。
☆     習慣の差が一番大きい。

                                                    作者不詳


怠けている私を見透かしたようなタイミングです。


反省

関連記事
昨日ニュースで話題になったのが安倍総理の真珠湾訪問。

今年オバマ大統領が世界唯一の被曝国である広島を訪問したシーンは感度的だった。
真珠湾奇襲から75年の歳月が過ぎ、首相では初めてとなる安倍総理が真珠湾を訪問する意義は非常に大きい。
時期大統領のトランブ氏はオバマ大統領広島訪問の際に真珠湾奇襲での犠牲者を思い嫌みを言っていた。

今回安倍総理の訪問はオバマ大統領に返礼をする形をとることで、時期大統領のトランブ氏にも気を使ったどちらの面子も立てることになる訳だが、中々スマートなやり方だなあと思って安倍総理を見直した。

それにしても安倍総理の最近の行動は、歴代首相には見られない俊敏さと精力的な行動には感心させられるし、いくら専用機での移動とは言え、時差を克服し世界中を飛び回る外交姿勢には恐れ入る。
アメリカが変わりイギリスもイタリアも変わり、お隣韓国も変わる。
更にはニュージーランド首相も辞意を表明する中で、安定感のある安倍首相が注目されそうだが、オリンピックに向かい日本が更に上り調子になることを願わずにはいられない。


それにしても情けないのは今の野党。
○○党首がいくら吠えようと大きな土佐犬に小さなスピッチが遠くからキャンキャンと吠えてるようにしか見えないのは私だけだろうか?


しっかりしろ、野党!

関連記事