藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2016年09月09日

クラウドファンテングが終了した。
掲載期間は90日、目標の僅か3パーセントと結果は芳しくなかったが、藤秋会以外でご協力頂いた、秋田県の栗谷様、東京都の蘇我様、栃木県の太田様、東京都の斉藤様にはこの場をおかりして心から厚くお礼申し上げます。
昨日のブログでも書いた様に、予想を大きく下まわった原因は、応援する気持ちはあっても、これはネットから入らなくてはならず、寄付に至るまでが結構複雑でネットが解らない方は応援したくても出来ないことが最大の原因。
実際に事前にどの様な手順で行うかの説明文を協会事務所から各地区連合会に発送して頂いたが、それでも解らないとの声を多数頂いた。
それは藤秋会でも同じ現象で、アイデアは良かったが、浸透させるにはかなりハードルが高かった様だ。
故に途中から直接寄付に切り替えた。
それと寄付金の額を一口5000円に設定したこと。
この額を1000円からとかに下げれば、幅広い方々からの応援が期待出来たのかも知れない。
ただし、そうすれば、お返しのチケットが、2500円なので、結果的には赤字になってしまう計算になるので、この辺で何か別の方法でリターンを考えれば良かったのかも知れない。
初めての経験だったが【失敗は成功のもと】必ずや次の機会にはしっかりと活かしたい。
結局、今回の作戦結果は、モーションギャラリー分の155000円と直接寄付金の640000の合わせて795000円となった。
趣旨に賛同してくれ、応援して下さった皆様にはこの場をお借りして厚く、厚く感謝申し上げます。
あとはその皆さんの期待にお応えするべく一生懸命に頑張る事をお約束致します。
ありがとうございました。

関連記事

来月23日に武道館で行われる、オリンピックプレゼンテーション、津軽三味線大合奏ギネスに挑戦、には大きな費用がかかる。
責任者として少しでも協会に迷惑をかけずに何とか資金を集めたいと考え、お弟子さんが教えてくれたのが、クラウドファンテング。
これはやりたいことがあるが肝心の資金が不足している場合、その趣旨の賛同者から募金をして夢を叶えるというアイデア。
イチローの大ファンで、ヒット数をカウントするイチメーター、の発案者、エイミーさんもイチローの3000本安打を見届ける為に各地の試合会場に足を運んだが、これには交通費や滞在費など大きな費用がかかる。
彼女はクラウドファンテングによりその費用を賄い、世紀の瞬間を見届けることが出来たのだ。
さてお弟子さんからアドバイスを頂き、会議でこの事をぶち上げ挑んだのは良かったが、3ヶ月の掲載期間はいよいよ今日の夜12時時で終わり。
目標額500万の設定で集まった寄付金は現在まで145000円と惨憺たる結果、それもそのほとんどが藤秋会だ。
経費がかからないのでそれでもありがたいはなしだが、これまで状況を会議の度に説明、協力を求めて来たにも関わらずこの結果は私の不徳の致すところ。
原因は色々あるだろうが、協会の会員が高齢でインターネットが全く出来ないことと、やはりこのご時世中々余分な金は出さない。
ネットにうとければ直接協会所属の地区連合会にお願いをしたがこれも芳しくない。
藤秋会が58万円とその他は2つの連合会が3万ずつ協力してくれた。
まあ、良い勉強をさせてもらったが、金を集めるのは簡単ではないことを再認識、世の中そう甘くはない。
時間は今日の夜12時まであるので、心ある方々の浄財に期待したい。
昨日の錦織圭の様に最後まで諦めてはいけない!
なお、ご寄付頂いた方には5000円に対し2500円の入場券をお返し致します。
オリンピック出場の夢を一緒に追って下さい。
宜しくお願い致します。

関連記事