藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2016年04月09日

いよいよ今日から【第七回秋田民謡全国大会】が二日間の日程で始まる。

今日は唄の予選で地元のベテラン訓實(さとみつ)と訓音(さとね)が出場。
そして明日はいよいよ、期待の【秋田荷方節三味線コンクール】が行われる。


昨日秋田入りした名古屋、鹿児島、宮城と秋田本部の面々は早速我が家の道場で最終調整。

各々の課題を見つけ、修整箇所を指摘したが、はたして今日一日でそれを克服出来るかが鍵。


中でも総師範の訓成(さとなり)が安定した三味線を弾いている。普段上手く弾けていても、客席を前に舞台上で弾くのは大きなプレッシャー。
しかもコンクールとなれば緊張でガタガタに崩れる人も珍しくない中、本領を発揮出来るのは舞台経験の多さだが、その点では、訓成、訓音、訓浩が期待をされそうだ。
まあ、結果はその時の運もあるので何ともいたしかたないが、昨年の大会終了時から明日の本番に照準を合わせ、各々が一生懸命に努力して来たことは認める。


努力は決して裏切らないことを信じ、自分を信じて持てる力を精一杯発揮して頂きたい。


さあ、藤秋会いざ出陣!!

関連記事