藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2016年02月

一昨日行われた藤秋会の合奏コンクールが聴きごたえあった。

コンクールは、六段の部、津軽の響きの部、六段個人の部、絃奏津軽個人の部、の四部門で競われたが内容が素晴らしかったのが、津軽の響きの部。

この部門は一昨年までは単会対向で行っていたが、どうしても人数が圧倒的に多い訓栄会が優勝してしまうのであまり面白くない。


そこで昨年から、総師範、大師範からチームリーダーを7人決めて、その下に15~16人をランク毎にくじを引いて振り分ける。
したがって概ね力が平均して、優劣に大差がなくなる。

大体一つのチーム構成を見ると少ないチームで9単会、多い所で12の単会から構成されていて、普段は師匠も違う別々の会なので一緒に稽古する事は無い方々。
しかも当日は新年の弾き初めをして直ぐにコンクールに移るので、それぞれリハーサルは出来なくぶっつけ本番。

しかしながら今年は各チーム見事だった。
審査は6人で行ったが協会派遣の執行理事で宮崎からおこし頂いた、泥谷吉人先生はレベルが高くて点数を付けるのが難しいと言っていたし、毎年審査して頂いている、箏曲演奏家の竹田和子先生も、今年は昨年より断然レベルが上がっていて素晴らしいと言ってくれた。

自分の会なのであまりほめるのもなんだが、それほど今年は良かったし、各師匠の指導が行き届いて結果がしっかりと出ている事を大変嬉しく思う。


それと若手が伸びて来たこと。
六段ソロの部門で優勝した訓京さんのお孫さん、大塚健太郎君は最近めきめき上達。

それと絃奏津軽の部門で優勝した、訓栄会、栄正(えいしょう)の演奏はほぼ完璧、アトラクションのソロも素晴らしかった。

ここまで来るには決して簡単なことではないが、継続は力!
皆さんのたゆまない努力に敬意を表したい。

お疲れ様でした。

関連記事

昨日、名古屋熱田の【賀城園】で藤秋会新春を寿ぐ会並びに21回合奏コンクールが行われました。

今年のコンクールは今までにない出来で各チームが拮抗しており、点数を付けるのに苦労するほど。
全国大会34回優勝の実力は伊達じゃ無いことを物語っています。

4時からの寿ぐ会では日頃お世話になっている多数の皆様をお迎えし、賑やかに楽しい宴となりました。


特に若者の成長は著しく将来に期待が持てます。
さあ、今年は7月の訓栄会20周年、そして武道館1600人大合奏が待ってます。


今年の藤秋会も熱く燃えるぞ!!!


(写真は藤秋会青年部の演奏)

関連記事

名古屋はお客さんが来ても名古屋城と徳川園くらいしか案内するところがないと思っていたが、とんだ考え違いで、実は大変素晴らしいところがありました。
それも名古屋駅からすぐ近くの栄生(さこう)というところです。
私も名古屋に来て33年にもなるのにうかつでした。
その場所の名前は【トヨタ産業技術記念館】トヨタ自動車の前身【トヨタ自動織機】はこの場所にあったのです。
操業者、豊田佐吉が1906年に発明した織機から現代の織機までを展示し、スタッフが丁寧に説明してくれます。
これには目からうろこでした。
さらに自動車舘では自動車が出来上がるまで鋳造から組み立てまで実際のラインを再現しています。
こんな素晴らしい観光スポットを知らなかったとは。
トヨタに教室を開設して28年にもなるのに、何と言うことか。
トヨタさん、大変失礼致しました。
今後名古屋にお客さんが来たらいの一番にご案内致します。
トヨタ産業技術記念館は名古屋駅から車で5分ほど。
入場料は500円、しかも嬉しいことに65歳以上は何と!無料です。
是非お出掛け下さい。

関連記事

昨日は所属する(一財)日本郷土民謡協会、56回目の創立記念祝賀会が東京ドームホテルで行われました。
出席者は500名ほどで北海道から九州まで連合会を代表する方々が出席をされました。


昨年と執行部ががらりと代わり、私も執行部の一員としての参加でしたが、事務所がしっかりと準備をしてくれたおかげで、問題なくスムーズに終了する事が出来ました。


私の発案で立ち上げた次世代を担って頂く成年部会も大変好評で、協会の未来に明るい灯火になったようです。
さあ、明日は我が藤秋会の合奏コンクール、並びに新年会です。
晴れ着の方々の為にも好天を祈りたいですが?

関連記事

2月は私の誕生月です。
大師範、訓京さんはいつもは車で来るのに昨日は車に乗らず送って頂いたそうです。

どうしてかって?
嬉しいですねえ。
私の誕生日を祝ってくれる為に。お酒を飲んだら乗れないからとのこと。

もう長いお付き合い、28年は何事にも代えがたい絆があります。

ちょっとした気遣いがやけに心にしみた夜でした。


お弟子さんとは何ともありがたい存在です。

感謝、感謝です。

関連記事
今日は何と言っても清原逮捕の話題。
輝かしい成績を残し、野球を愛する子供達のヒーロー、憧れだったはずだったのに、残念の極みです。

注目を集めるスターはそれなりにプレッシャーやストレスも半端ではないことは想像出来るが、よりによって。

う~ん。
残念だなあ。
人生の陽と陰は表裏一体という事なのか。

言葉がありません。

関連記事
先日ブログを見た方が電磁波の心配をしてくれた。


そう言えば何年か前に同じ症状になった時に姫路の訓照(さとてる)さんが話してくれた事を思い出した。
改めてこの話の記憶を呼び起こしてみたい。

訓照さんの家の近くに送電線の真下に位置する家屋が13件あった。何と!そのうちの9世帯が60歳を前にして次々に亡くなった。
ほとんどが男性で、これから年金を頂いてゆっくりしたいと思った矢先の出来事。


死亡原因が送電線に有るだろう事に時間はそんなにかからなかったという。
その後に送電線は撤去されたと言うが、何だか八つ墓村を彷彿させそうな話題である。

ついでにもうひとつ。岡山教室の周辺は住宅地でありながら、目の前だけは田んぼだった。
それが宅地に造成され10区画ほどになった。場所的にも非常に良い場所だそうで直ぐに売れてしまうと思いきや、その後家が建ったのは一軒だけで、他は今だ買い手がつかないという。


何と!真上には送電線が走っている!


やはり電磁波の事はみんな知ってるようだ。
くわばら、くわばら。

関連記事

早くも2月、例年だと最も寒い時期だ。
そしてこの時期はインフルエンザがが猛威をふるう。

今年も例外ではなく、現在全国に拡がっていると言う。
何と!昨日の岡山の教室ではご覧のようにマスク組がずらり。

中にはインフルエンザにかかっている人もいる。

ええ~。まずいんじゃないの?
今の時期にうつったら今週は協会の新年会やら、藤秋会の新年会があるのでインフルエンザだけにはかかれない。

幸いにして私はインフルエンザにかかった事がない。
だからと言ってかからないとは限らないので早々にお引き取りを頂いた。


まさかうつったなどということはないだろうなあ?。

皆さんも充分お気を付け下さい。

関連記事