藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2015年05月24日
平成11年、5月には全国大会で通算10勝をしたのを記念して、愛知芸術劇場で【全国大会10勝特別記念公演】を行った。
この頃になると会の知名度も大分上がって来て、合奏の藤秋会として認知されるようになる。

海外での公演もカーネギーホール、ウィーン楽友会ホールに続いて、3年連続で中国雲南省の省都、混明で行われた【99世界花博覧会】に出演、1万人を前に演奏した。

10月には武道館での全国大会でも優勝し、日本郷土民謡協会の会報には常勝軍団として紹介されるまでになった。

つづく平成12年には西暦2000年、記念の年。5月には中国の【大連アカシヤ祭り2000】に参加。
そして会にとって大きな金字塔になったのが【御園座】での公演。
当時名古屋の御園座と言えば、敷居が高くて我々民謡団体が公演させて頂けるような劇場ではなかったが、後援者のご尽力により、ついに実現!
10月の公演だったが、何と!8月のお盆過ぎにはチケットが完売。中日新聞に完売御礼の広告を出させて頂くほどの好評だった。
この時の公演がきっかけで、後に五木ひろしさんの舞台に出して頂くことになる。

10月には武道館の全国大会で器楽合奏9回目の総合優勝をし労働大臣賞を受賞。

12月には三重県の鈴鹿市文化会館で【藤秋会ミレニアム公演in鈴鹿】をやりとげた。

自分でいうのもなんだが、良くこんなハードな試みに会員がついてきてくれたもんだと感心する。

それくらい、結果を出すことに貪欲だったのだろう。
改めて皆さんに感謝です。


つづく

関連記事