藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2015年04月06日


鹿児島に稽古に来てもう20年になる。
おそらく三味線をやってなければ一生来る事がなかったかも知れないと考えると、ただただ三味線に感謝をしたい。

現在の稽古場は鹿児島市内から30分ほどの日置市伊集院町の(株)平島豆腐店の自宅で行っていて、ここの兄弟が、兄の平島良太こと訓平(さとつね)と現在名古屋の専門学校に通いながら三味線を修行している、弟、平島大志こと、訓煌(さとこう)

兄の良太は今年福祉大学を卒業し、当初、老人ホーム等の福祉関係に就職するつもりだったが、熟慮を重ねた結果、三味線を活かして行くためには、時間が制約される外部に就職するよりかは、融通のきく、家業を手伝いながら三味線の道を極めることを決断!

めでたく(株)平島豆腐店の社員として正式に採用された。
若いながら訓平は真面目でしっかりとした考えを持った好青年で、へらへらしたところが全くない。
家業は仕事がら朝は早いが、2時頃には一息つけるのでその後の時間を三味線に専念出来ると、やる気満々!
これからが大変楽しみだ。

昨日は訓平の新たなる門出を祝って、お母さんが腕によりをかけて自慢の料理を並べてくれた。

これまでは固い表情が抜けきらなかったが、自分の進む道が確立した安堵感からか、今までには見られなかった余裕の笑顔が飛び出した。


よしっ!その調子だ!平島豆腐店発展の為、そして好きな三味線の為に大いに羽ばたいて頂きたい。

関連記事