藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2015年03月

昨日夢舞台の打ち合わせの為に御園座の前を通った。
現在の御園座は建物がすっかり解体され着工を待っている状態。

ちょうど2年前の今日御園座は建て替えの為に閉館された。
夕方、大変お世話になった舞台スタッフとささやかな慰労会をやったのがつい昨日の事のようにはっきりと記憶している。
2000年に御園座で公演をさせて頂いたのがご縁で、五木ひろしさんとのご縁を頂き、その一流の洗練されたステージから多くの事を学ばせて頂いた事が、藤秋会の今日の大きな財産になっている。

その御園座が新たな形でオープンするのが3年後。
規模は今までより少し小さくなるようだが、芸所名古屋の文化の殿堂になる事は間違いない。

また、御園座界隈が賑やかになる日が待ち遠しい。

関連記事

ユネスコ世界遺産、姫路城が5年間に及ぶ大改装を終えて27日にグランドオープンした。
前日の26日には航空自衛隊のアクロバット飛行隊、ブルーインパルスが上空を祝賀飛行した事でお城には六万人が訪れ、賑やかにオープンを祝ったそう。
27日に姫路の教室でしたが、流石に駅の人の多さにはびっくり!
特に外人の多さが目につきました。


改装後のお城は漆喰を塗っているので以前よりはかなり白くなり、何となく違った感じに見えますが、数年で元の黒っぽい色になり、どっしりとした重厚感のあるお城に戻るそうですが、別名【白鷺城】と言われるぐらいですから、本来は今のうちの白塗りを見て頂きたい。
数年後では現在のお城の感じは見られなくなります。


グランドオープンによって、今後かなりの人手が予想され、姫路に宿泊される時は早めにホテルの手配をされる事をおすすめしたい。毎月泊まるホテルでも暫くは予約が好調だとのこと。

兵庫県は羨ましいほど見所満載の県で、姫路城をはじめ、宝塚歌劇団、明石海峡大橋、淡路島、甲子園球場でのプロ野球観戦、異国情緒溢れる神戸、今人気沸騰、東洋のマチュピチュ天空の城、竹田城、赤穂浪士の里、赤穂城、名湯、有馬温泉、等々。
すぐに思い付いただけでもこんなにある。

これから段々と陽気が良くなりお出掛けシーズン。
現在の海外は何かとトラブルに巻き込まれるニュースが多いので、今年は姫路城を観ながら兵庫県を廻ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

6月の藤秋会35周年記念【夢舞台2015】まで3ヶ月を切って、出演する藤秋会メンバーもペースが上がって来た。
写真の皆さんは岡山藤秋会の皆さん。
今回初めて藤秋会の公演に出演するメンバーもいて、期待に胸を膨らませながら頑張っています。

チケットの売れ具合も前回よりも好調でこの時期にしては上々。
内容も前回以上の舞台をお約束致します。


是非お楽しみを!。

関連記事


1回戦とはうって変わって絶好の好天に恵まれ、大いに期待をしましたが、結果は残念ながら、5対1で2回戦敗退。

優勝候補と前評判の高かった浦和学院にいきなりホームランで先制した時は、これは行けるぞ!と思いましたが、ヒット数では浦和学院に優っており、再三のチャンスを作りながらも詰めの甘さが出てしまい、加点には至りませんでした。

この課題をしっかりと修整し夏に是非また出て来て頂きたいと思います。
後輩に良い夢を見させて頂きました。

大曲工業野球部諸君、本当にお疲れ様でした。

君達は素晴らしかった!
また頑張りましょう!。

関連記事

今日27日は何の日でしょうか?

はい、今日は、連日お伝えしてます私の母校、秋田県立大曲工業高校野球部が埼玉の浦和学院と対決する日であります。
1回戦は会場での応援が叶い、40年ぶりの校歌に涙しました。
2回戦の今日は、姫路の稽古日なので観戦は諦めていましたが、何と!お弟子さんとはありがたいものです。

先生、折角近くで郷土の後輩が頑張るのだから、稽古は試合が終わってからで良いですから応援に行って下さい、との心にジンとくる気遣い。

えっ!いいんですかあ?
よしっ!それではお言葉に甘えて俄然応援モード!
先日一緒に観戦した同級生の野球部、今野君も秋田からまた来るという。
こんな機会を頂いた以上、配慮してくれたお弟子さんの為にも頑張らなくちゃあ。

ちなみに東北勢3校が
1回戦を勝ち上がり、残念ながら八戸光星は昨日負けてしまいましたが、他の2校が他県からの野球留学でチームを強化してる中、地元の生徒100パーセントなのは大曲工業だけで、レギュラーの中の3人は私の実家がある美郷町(みさとちょう)出身です。
これで応援するなと言うのは無理な話でしょう。

浦和学院、花火打線を甘く見るんじゃないよ。

かかってこんかい!!大曲工業いざ出陣!!
(写真は秋田魁新報に掲載されたもの)

関連記事

秋田県勢としては9年ぶりに甲子園で勝利し盛り上がってる地元秋田。
勝利が決まった瞬間には花火の街大曲だけに祝砲が上がったそう。

さて、次は強豪、浦和学院。
ところが、朗報がある!。
何と!大曲工業は昨秋行われた浦和学院との練習試合で勝っているのだ!
高校野球は何が起きるかわからない。
これは次も期待できるのではないか。

ネットを調べると大曲工業で注目されている記事に応援の事が書いてある。
チャンスの時に必ず演奏されるのは【タイガーラグ】と言う曲で、【ヤー、ヤー、】という威勢の良い掛け声で踊る、秋田県内の野球の応援には定番で珍しくない。


この曲は県外では演奏されてなく、秋田だけの地域応援曲のようだ。
次の試合はではそんなところも注目して視て頂きたい。

関連記事

いやいや、昨日は興奮して血圧が上がりました。
母校が甲子園に出場するとあって、いても立ってもいられなく、5時起きして甲子園に行きました。

寒の戻りでかなり冷え込んでいましたが、期待で小さな胸は脹らみ破裂寸前!
同級生の野球部、今野君と合流し、いざアルプス席へ。
甲子園は昔、阪神タイガースとジャイアンツの試合を観に来た以来で、昔はもっと観客席が小さかった様に思いましたが、中々立派でびっくりしました。


初代野球部の監督が、力学を教わった先生で40年ぶりの対面で感動!。
9時からの試合開始で、これも40年ぶりに歌った校歌にジンと来ました。

1回に先制を許し、途中のチャンスを潰した時は、大丈夫かな?とも思いましたが、見事に逆転をしてくれ終わってみれば、4対1の快勝!
四国の優勝校を撃破してくれました。
終了後に歌った校歌は最高で同級生と抱きあって感動の涙を流しました。

次は27日の第3試合、強豪、浦和学院とです。
残念ながら、近くの姫路にいますが、稽古で観戦は叶いません。
同じ兵庫県にいますので、気持ちだけは精一杯届けたいと思います。

後輩諸君、良く頑張りました。
感動をありがとう!!

関連記事
花火で世界的に有名な秋田県、大仙市大曲に私の母校、秋田県立大曲工業高校がある。
卒業したのが今から丁度40年前の昭和50年。その母校が創部53年目にして、春の選抜に出場が決まり、いよいよ今日、香川の英明と対戦する。

当時私のクラスには野球部員が4人いて、私は吹奏楽部だったので公式戦はほとんど応援に行った。
今日は晴れの初出場とあって是が非でも応援に駆けつけて、母校の栄誉を讃え後輩の活躍を見守りたい。
そんな思いで甲子園に今から行きます。

試合は9時からの第1試合。
皆さん応援して下さい。

英明ナインよ、覚悟しておけよ。

関連記事
昨日全国放送されたNHK【北国からのコンサート2015】を視た方から沢山のメールやお電話を頂きました。

日頃親しくしている方がある日突然テレビの中にいると、本当に不思議な感じがするものですが、まさしくそんな現象だったのでしょう。
藤秋会から出演した方々は30名、おそらく友人や親戚縁者に連絡して視て頂いたと思いますが、身内の出演をみんなで喜んで視ている姿を想像すると、こちらも凄く幸せな気分になります。

これを励みにまた出して頂ける様に頑張りましょう。
視て頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

関連記事
今日も穏やかな秋田です。
5年を区切りに毎日書いていたブログを6年目の最初の日に楽になろうと意図的に休みました。
休んだことで、よしっ!これからは気負わずボチボチ書けばいいや、止めちゃう訳じゃないし、と思いましたが、5年間の義務感からか、1日休んで書き出したら7ヶ月書きましたが、今月になりまたまた休んでしまいました。
やっぱり休むとダメですね。
いつでも休めると思うせいか、何となく力が入りません。

休んではダメなんだと思うと、何かないかと一生懸命考えます。
必死にネタを探すのであらゆる物に敏感になり周囲のちょっとした動きも気になります。
いつもそんな状態でいると、不思議と何か見つかるんですね。
やっぱり人間窮地に追い込まれると考えるものです。

ただ、苦し紛れに義務感から書いたものは、自分で読んでもさっぱり面白くありません。誰かが読んでくれるとすれば、誰もつまらないものなんか見たくない訳です。
それが自分で物凄いストレスになります。


先日、掛かり付けの医院で血液検査をしたら肝機能の数値が大分高かった。
最近何かストレスはないかと聞かれたので、もしかして?と思いました。
医者には出来るだけストレスを貯めない様にと言われた事も休んだ原因ですが、これは言い訳で、本当は不摂生が一番の原因かも??

あっ!最大の原因は私の職業病かも?
お弟子さんが稽古の時にもう少し上手く弾いてくれれば、大分楽になるはず!
昨日の稽古も大分ストレスが溜まりました(大笑い)。

藤秋会の皆さん。
私のストレス緩和にご協力願います。

関連記事