藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2015年02月

藤秋会35周年記念【夢舞台2015】まであと4ヶ月となった。
毎回ステップアップしお客様に満足していただきたい、そんな一心でこれまでも民謡界ではあり得ない舞台を作って来たが、今回は更にバージョンアップし、良いステージになりそうだ。


そのキーパーソンがご覧のお二人。
右から二人目、訓栄の隣の方が、藤秋会の舞台監督をやって頂いて25年の牧村紀男さん。彼でなければ藤秋会の舞台はやれない。
私の無理難題を寝ないでもやろうとしてくれる方だ!


そして左の方は元、御園座の敏腕プロデューサー、谷本公成さん。御園座建て替えに伴い独立、御園座の名プロデューサーとして東西でその名を博した、篠田邦雄氏の薫陶を受けた今最も旬なプロデューサーだ。

今回はこの二人がタッグを組み私の企画を極限まで作り上げる!
夕べも良い話が出来た。
今回の公演は今までの公演で最もアグレッシブで豪華なショーになること間違いなし!

今からワクワクする。期待して頂いて間違いなし!

早めのチケットご予約を!!

関連記事


先日NHKの収録で仙台に2日泊まったが、泊まったホテルが【法華クラブ仙台】

珍しかったのが部屋のドア。
和室だと大抵が引き戸だが、何と!ここは洋室ながら引き戸でご覧の開け方が書いてあり、しかも鍵がこれだ!ハリーポッターばりのレトロ調で中々、いいじゃないの。


接客も好感が持て気持ち良く泊まらせて頂いたが、更に驚いたのが朝食。
夕食バイキングと間違えるほどの品数の多さで、焼き魚なんかは何種類もあり、朝から、すみませ~ん、おビールお願いします、なんて言いたくなるラインナップだ。

味もよし!これには皆さん大満足!!
仙台の代名詞とでも言おうか、【牛タン】カレーまである。
これでお値段がそれなりだったら、やっぱりなあ、だが、普通のビジネスホテル並みと大変お得感がある。


仙台に行ったら是非また泊まりたいホテルだ!

関連記事

昨日朝から岡山で教室を済ませ姫路へ移動、教室終了後に駅前の姫路プラザホテルの一階、ダイニング豊沢で皆さんと会食。
ここのママさんは大変明るくユニークな方で、いつも快く食事をさせてくれる。


そのママさんが昨日驚きの発言をした!

姫路と言えばユネスコ世界遺産日本第1号の姫路城は誰もが知っている名城。
その巨大で優雅な姿は海外からの観光客にも人気が高く訪れる人も多い。

姫路城は2009年から平成の大改修工事を行っていたが、この度めでたく完了!
来月の26日から全面公開となった。
しかも驚くべきはその新装公開を記念して、その日に航空自衛隊のアクロバット飛行隊、あの【ブルーインパルス】が祝賀飛行をすると言うからこれは見逃せない。


姫路には27年も来ているのに知らなかったが、実は競馬場があることを昨日初めて知った。
へえ~、姫路に競馬場があるんだあ。
そこでこのママさんが仰天発言!!

そのブルーインパルスが姫路競馬場に降りてそこから飛んでくるんじゃないか、と真面目な顔で話した。

ママさん、いくら何でも競馬場に戦闘機は降りないでしょう。
仙台からの疲れが溜まってるのに、余りにも強烈な発言に撃沈!


ああ~、疲れました。ちなみにこの方の前職は数学の教師です。

お時間のある方は3月26日に是非姫路にお越しください。
競馬場には降りないとは思いますが。

関連記事

NHK仙台放送局制作の【北国からのコンサート2015】の際にちょっとしたハプニングがありました。
9時に楽屋入りし、収録の流れ、スケジュールを説明し早速音合わせ。

何回か合わせてる最中に左の方からビシッ!と鈍い音がした。
んっ?いったな、と思ったら案の定、秋田の訓浩(さとひろ)が演奏を止めた。
やっぱりかあ。
結果はご覧の通りで皮が破れてしまった。


本人はこれで弾けないなと困った顔をしたがそこは藤秋会!こんなこともあろうかと思い予備三味線を車組に用意をさせておいた。
本人もがっかりでかわいそうだが、大事なのは自分達に課せられた責任をしっかりと果たすこと。
皮が破れましたのでひとり減って30人の予定が29人になりましたなどとは言えない。

状況的にどうしようもない時もあるかも知れないが、万一を想定して準備しておくことは大事なシーンでは心掛けておきたい。
そう言えば今回は色々な事があった。
30人の演奏予定者の中で、直前に事故にあい行けなくなった人と、親族に不幸が出来てしまい行けなくなった人がいた。
急な事だったし、遠くの仙台まで行くとなると家を空けなければならない。
しかも平日なので仕事も休まなければならない。
技術的なこともあり、数合わせをすれば良いという簡単なことではない。


それでも何とか皆さんの協力を頂き、無事に演奏を終える事が出来ました。
そしてほっとしたのも束の間、昨日仙台空港に行ったら、搭乗予定の飛行機が千歳空港から来るのが雪で滑走路の除雪の為に1時間20分遅れ、最悪欠航するかも知れないとの情報。

ありゃあ、これは参った。
幸いな事に12時55分の名古屋便は20分遅れるが、確実に飛ぶし、名古屋に行く19人の空席があると言う。
飛ばないかも知れないとの情報は皆さんが11時55分に乗る予定で、搭乗手続きを済ませ荷物を預けて搭乗待ち合い室に入ったあと。


急遽搭乗待ち合い室を出て便を12時55分のに変更を願い、荷物を予定の便から戻してもらい、もう一度搭乗手続き、荷物の預け直しをして何とか名古屋に帰って来れた。
結局、最初に乗る予定の便は千歳から飛んで来て、その後名古屋まで来たが、変更した便よりも35分遅れて到着したそうだ。

まあ、色々な事がありましたが、自分達の役目を無事に果たす事が出来ましたし、五木ひろしさんに労いの言葉を頂き、NHKの皆さんにもお誉めの言葉を頂いて、めでたし、めでたし。


同行頂いたTプランニングの谷本プロデューサー、藤秋会の皆さん本当にお疲れ様でした。
そしてNHK仙台の川口様、相馬様、関係者皆様に心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。

関連記事

NHK仙台放送局制作の【北国からのコンサート2015】の収録が無事に終了しました。

朝9時に会場となった仙台市泉区のイズミティ21に入り、終了したのが夜の9時ですから拘束時間が12時間と若干ハードでしたが素晴らしいスタッフに支えられ何とか役目ははたしました。

五木ひろしさんにお世話になって11年目に入り200公演以上ご一緒させて頂きましたが大変思いでに残るステージになりました!。

放送は3月6日(金)19:30~20:43分(東北6県)。
3月22日(日)13:00~14:13分(BSプレミアム、全国放送)

是非ご覧下さい。

(写真は楽屋で)

関連記事

同じ東北でありながら仙台は私からしたらあまりにも大きかった。宮城県に支部はあるが、教室のある場所は仙台よりも東にある古川なので仙台に来ることはなかった。

前回来たのが記憶では25年ほど前だろうか?さすが100万都市でプロ野球の球団を抱える所はちがう!
着いたのが暗くなってからだから良くはわからなかったが、町並みの印象は名古屋とあまり変わらないように思えた。


今日はNHK【北国のコンサート】の収録。藤秋会は五木ひろしさんとのシーンに30人出演させて頂くが、前乗り組みの、愛知、岐阜、三重、兵庫、富山の22人が夕べ仙台入り、秋田からの5人と地元古川の3人は今日会場で合流。
所属する事務所の谷本プロデューサーも一緒だ。

ホテルに着いたのが7時過ぎ、荷物を置いて早速皆さんで食事をしに町に繰り出したが、人出も多く秋田の閑散とした繁華街とは雲泥の差。
ホテルから紹介して頂いたお店もお値段以上の大サービスで皆さん大満足!

今日は9時に会場入りし、収録終了が夜の8時45分。
長丁場だが、期待に応えられるよう精一杯努めます!

関連記事

【忠犬ハチ公】と言えば我が秋田県大館市で生まれた【秋田犬】として日本のみならず世界的にも有名だが、佐竹秋田県知事がロシアのプーチン大統領に贈ったことでも知られている。

今年はそのハチ公が死んでから80年目に当たり、飼い主だった東京大学農学部教授、上野栄三郎博士没後90年にあたる年だと言う。

主人が亡くなってからも自分が死ぬまでの10年間毎日渋谷駅に通い続けた姿が共感を呼び映画化され、多くの方々を感動させたのは記憶に新しく、我が秋田県の誉れでもある。
渋谷駅に行くとわざわざ銅像を見に行ったりしたことも何度かあるが、この度【ハチ公と上野栄三郎博士の像を東大に作る会】の発案で、人通りの多い農学部キャンパス正面そばにご覧の新たな銅像を設置することが決まり、3月8日午後1時から除幕式が行われるそう。

昨今は人と接しなくても何でも出来てしまう時代で、人間関係が年々希薄になるなか、ハチ公から人間が学ぶべき点は実に多いようだ。

是非この像を見に行きたいものだ。

関連記事
不摂生がたたり、血圧の薬を飲んでもう10年ほどになる。
昨日いつも行く掛かり付けの医院に行ったら、あるご婦人が帰り際に看護師さんの【お大事に】との言葉に【おたがいに】と返した。

んっ?今なんて言ったあ?
【おたがいに】??
一瞬考えたが、へえ~、そんな言い方があるんだあ。
普通お大事にって言われたら、ありがとう、かなと思ってましたが。

おたがいにとは、【ありがとう、私も気をつけますから貴方もご自愛くださいね】と相手を気遣った言い方なのかも知れないと思ったが、果たしてこれで正解なのだろうか??

この解釈が正しいとすれば、あのご婦人はすごい!

さて、皆さんの見解は??

関連記事

国民文化祭が昨年10
月に秋田で行われた関係で、予定されていた第6回秋田民謡全国大会が半年繰延になり4月11、12日の2日間にわたって、秋田県大仙市協和の和ピアで行われる。

藤秋会はこの大会の秋田荷方節三味線コンクールで、2年連続優勝を果たし上位を独占した。
今年も6人がエントリーを予定してるが一昨日の新春を寿ぐ会のアトラクションで、第4回の覇者、訓栄、第5回の覇者、栄正、と上位入賞者、訓成、訓音、訓煌の5人でソロ回しをし、誰が一番良かったか皆さんに判断して頂いたが、さすがにレベルが高く意見が分かれた。
そんな中でも光っていたのが一番初めに演奏した19歳、訓煌(さとこう)。
リズムも良く繊細で音色も良い。

初めにあまりにも良い演奏をしたので、後の方々にはかなりのプレッシャーになったらしい。
実は前日の夕方に稽古に来て何点か指摘をしたら、何と!次の日にはきっちりと修正出来ている。
この対応力の早さには正直驚いた。

さて、今から楽しみだが、訓成、訓音も総師範の意地があるので簡単に優勝は譲れないだろうし、他の会の皆さんもそう簡単に3連覇はさせてくれないだろう。


最善を尽くし悔いを残さないで欲しい。

関連記事

毎年恒例になっている藤秋会新春を寿ぐ会が昨日、名古屋市熱田区の老舗料亭【賀城園】で行われました。

午前中から式典、弾き初めに続いて、恒例の合奏コンクール、そして午後4時からは日頃お世話になっているご来賓をお招きしての宴会では、昨年10月に武道館で行ったオリンピックプレゼンテーションの模様が上映された他、アトラクションの出し物も充実していて大変楽しい宴となりました。

さあ、いよいよ藤秋会は6月の35周年に向かってまっしぐら!

頑張ります!!

関連記事