藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2015年01月29日

今年の秋田は例年になく雪が少ない。
ここ4年ほどは豪雪で被害も大きく、高齢化著しい秋田には大きな負担としてのしかかっていたが、雪の少ないのは本当にありがたい。

昨日東京に行ったら肌を刺す様な寒さで、秋田の寒さとはまた違って芯から冷える様な寒さだ。
秋田は雪国だからイメージ的には雪の無い処より寒い感じがするが、実際の体感は違って私には雪の無い処よりも暖かく感じる。

夜、名古屋に帰って来たら東京よりも遥かに寒く感じ、骨の髄まで染みる様な寒さだった。
どちらにしても寒いのは嫌だが、雪掻きをしなくて良いのがうらやましい。


雪は良いなあと思うのは、窓の外でしんしんと降る雪を眺めて三味線を弾く時ぐらいだろうか。
降りしきる雪を見ながら弾いていると、思わず雪の中に引き込まれる様な錯覚をする。

今や南国の人にも愛好者が多い津軽三味線だが、雪の無い処では、こんな体験が出来ないのが残念だ。
雪を見ながら三味線を弾く、雪を見ながら三味線を聴く。
更なる贅沢は雪を見ながら津軽三味線を聴き、地酒の熱燗で一杯。う~ん、たまんないなあ。

津軽三味線と雪は切り離せないようだ。

関連記事