藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2015年01月

先日4年ぶりにソウルに行って来た。
ソウルには今までかれこれ20回ほど行ったが、これだけ長く行かなかったのは初めてで、行かない理由は中国同様に政治問題。

ソウルには20年近く親しくお付き合いしている家族がいて、行くと親戚同様に大事にしてくれる。
韓国も色々な問題で経済が疲弊してて大変だとは聞いていたが、びっくりしたのは物価の高さだ。

まず両替して手にしたウォンの少なさにびっくりする。
仁川の空港で両替したら10000円で85000ウォン。
ソウル市内で両替したらそれでも90000ウォン。
以前訪れた時は確か120000ウォンほどだったと思うから25%も目減りした事になる。

それを実感するのは実際に使ってみてわかるが、10000円があっと言う間になくなる。
物価も日本に比べて高い。
以前は日本の3分の2ほどで、割安感を感じたが、今はむしろ高い!

ロッテホテルの地下にフードコートがあり、ここは選ぶのに迷うほど種類が豊富で美味しくて、しかもお値打ちだったのでランチには良く利用してたが、ここでも3割ほどは高くなっている。

ソウルと言えば焼肉だが、普通の焼肉屋に入ってびっくりしたのが日本のビールの高さ。
元々海外で日本のビールは地元の物より高いのは当たり前だが、アサヒスーパードライの中瓶が9000ウォンと書いてある。
えっ! 1ウォンが0.11だと言うから日本円では990円、日本だったら一流ホテルの値段だ。
我慢して地元のビール、CASSを飲んだがこれでも中瓶で5000ウォン、550円だから日本と変わらない。
滞在中行ったレストランはほとんど日本よりも高く感じた。


今だ中々改善されない日韓関係だが、この物価の高さでは度々行けない、本当に近くて遠い国になりそうだ。

関連記事

先日母校の秋田県立大曲工業高校野球部が春の選抜に出場が決まったと報告したが、応援にはブラスバンドが付き物。

よしっ!
今まで見た事はないが、津軽三味線100人で応援演奏したらどうだろう?
注目される事は間違いなしで、TVだから、しかも全国放送だから、効果抜群ではないだろうか。

卒業生の加藤訓さん率いる藤秋会の皆さんの一糸乱れぬ津軽三味線の演奏です。
なあ~てアナウスされるかも。


ただし、雨が降ると皮が破れてしまうので、実現は中々難しいかな??。

関連記事

今年の秋田は例年になく雪が少ない。
ここ4年ほどは豪雪で被害も大きく、高齢化著しい秋田には大きな負担としてのしかかっていたが、雪の少ないのは本当にありがたい。

昨日東京に行ったら肌を刺す様な寒さで、秋田の寒さとはまた違って芯から冷える様な寒さだ。
秋田は雪国だからイメージ的には雪の無い処より寒い感じがするが、実際の体感は違って私には雪の無い処よりも暖かく感じる。

夜、名古屋に帰って来たら東京よりも遥かに寒く感じ、骨の髄まで染みる様な寒さだった。
どちらにしても寒いのは嫌だが、雪掻きをしなくて良いのがうらやましい。


雪は良いなあと思うのは、窓の外でしんしんと降る雪を眺めて三味線を弾く時ぐらいだろうか。
降りしきる雪を見ながら弾いていると、思わず雪の中に引き込まれる様な錯覚をする。

今や南国の人にも愛好者が多い津軽三味線だが、雪の無い処では、こんな体験が出来ないのが残念だ。
雪を見ながら三味線を弾く、雪を見ながら三味線を聴く。
更なる贅沢は雪を見ながら津軽三味線を聴き、地酒の熱燗で一杯。う~ん、たまんないなあ。

津軽三味線と雪は切り離せないようだ。

関連記事
所属する(一般財)日本郷土民謡協会の新年会会報を改めて読み直してみたら、新潟地区連合会が民舞グランプリに輝き、その感想を寄稿した田中一男会長が会のモットウとして次の言葉をあげていた。

【人の短所を言うなかれ、己の長を説くなかれ】
いつも謙虚な気持ちを忘れるな!


簡単な事のようですがどこかで自我が出てしまいます。
こうありたいと思いますがまだまだ修行が足りません。

反省。

関連記事
尖閣諸島問題発生から、日中間がこじれここ数年ぎくしゃくした関係が続いていて、そんな影響から4年ほど中国を訪れていない。
中国には親しい友人もいて面子を重んじて大事にしてくれるところや、広大な自然と目を見張る景勝地の素晴らしさに惹かれ毎年のように訪れていたが、どうも最近の政治状況が行く気にさせない。


逆に、富裕層や中間所得層の海外旅行ブームの影響、合わせて日本側の中国人に対してのビザの緩和、円安効果も相まって、中国からの旅行客は昨年過去最高の240万人に達したと報じられている。
訪日の理由が来日した中国人達が帰ってから、それまで持っていた日本に対する印象が余りにも違う為に、口コミや好意的にネット上に書き込み、それが拡がって来日者を増やしてるのだと指摘する。

中国は小さい時から反日的な教育をされているので、実際に見た目とのギャップの大きさは衝撃的のようだ。

こんな記事が載っている。


小さい時から将来は侵略戦争で中国人を苦しめて来た小日本を打倒することばかり考えて来たが、出張で訪日したら現代の日本人が余りにも優しすぎて信念が揺らいだ。
誰もが人に迷惑をかけてはいけないと秩序だって生活している日本人を見て、【日本人は常に戦争を企てる軍国主義者だ】との中国メディアの宣伝はウソだと初めてわかった。

まさに百聞は一見にしかずの反応を示す人もいる。
更に、訪日中国人が感動するのは【おもてなし】で、中国ではあり得ないサービスが日本ではごく普通に行われていて、そんな感動がリピーターを増やしているらしい。

何年も前の話になるが、北京で友人と食事をした際にレストランのウエイトレスが態度が悪くサービスも最悪!日本では考えられなくあり得ない事なので、頭に来てそのウエイトレスに、貴方はなぜそんなに不機嫌でサービスが悪いのかと聞いたら、そんな給料はもらってないのにどうしてサービスをする必要があるのかとまくし立てられ唖然としたが、そんな人達が日本に接したら、驚きを通り越してしまうのも頷ける。
旅行客が増えるのは経済的には歓迎するべき事だし、更にオリンピックに向けてそれが加速する事が予想されるが、中国人にとって一番のお土産は家電や化粧品ではなく、日本人のおもてなしかも知れない。

関連記事
NHK仙台放送局が主宰する【北国のコンサート2015】に藤秋会の出演が決定致しました。

日時は来月の13日、会場は仙台市【イズミティ21】

出演は五木ひろし、坂本冬美、千 昌夫、水森かおり、他。

午後6時45分からの公開録画です。
藤秋会の出演は30名の予定。
五木ひろしさんとの絡みですがさて?どんなふうに視せてくれますか?こうご期待!

関連記事

昨日から新たに兵庫県高砂市で教室がスタートした。

高砂市は姫路から山陽電車で神戸方面に向かって20分ほどでアクセスも良い。
皆さん経験者で、若干癖はあるがなおせば即戦力として期待出来る方々だ。

昨日の稽古でも非常に飲み込みが早く教えがいがある。
1年後を是非楽しみにして頂きたい。

関連記事
私の母校、日本一の花火(大曲の花火)で知られる秋田県大仙市にある【秋田県立大曲工業高校】が野球部創部53年にして春の選抜高校野球大会(甲子園)の出場が決定した。

卒業から40年にしての吉報に、後輩よよくぞやってくれましたと誉めてやりたい。

さて、これは日程が許せば是非甲子園に応援に行きたい。
春の選抜は雪国のチームにとって冬場グランドが使えないハンディがあると言われるが、そんなジンクスをぶっ飛ばし大暴れして頂きたいものだ。

かっ飛ばせえ!大工(これはだいく、ではなく、だいこう、です)

皆さんも、大曲工業、大曲工業を何卒宜しくお願いします。

関連記事
今日は久しぶりの名言。

☆大将は威厳がなければならない。
しかし作った威厳は人が信用しないだけでなく、かえって害になる。

この言葉は軍師、黒田完兵衛が残した言葉だが、なるほど数々の功績を残し信頼を集めた人の言う言葉は重みがあり心にとめておきたい言葉だ。


ちなみに、民謡を知らない人にも知られている、西日本を代表する曲、黒田節に出てくる母里太兵衛(もりたへい)は黒田完兵衛に使えた家来である。

関連記事

藤秋会の公演では欠かす事の出来ない和太鼓集団【志多ら】はそのパワフルでドラマチックな演奏で観る人に最高の感動をプレゼント出来る実力派集団!
五木ひろしさんや、川中美幸さんの劇場公演でもご一緒している。

この志多らが渾身の力でパフォーマンスを見せる【蒼の大地】全国ツアーがいよいよファイナルを向かえる。

技術の高さは勿論だが、メンバーひとりひとりの一生懸命さが、こちらに伝わって来て、更なる感動を呼ぶ!
名古屋近郊の方は是非お出掛け頂きたい。

日時 4月14日(土)

会場 日本特殊陶業市民会館(名古屋市民会館中ホール)

開演 18:00

問い合わせ 0536-76-1708 志多らまで。

見逃せません!!

関連記事