藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2014年09月20日
先日のブログに、五十肩のお話をした際に、江戸時代に五十肩があったら侍は刀を使えず大変だったろうなどと馬鹿な話を載せたが、これに対し昨日なるほどと思える解答をした人があった。

統計に依ると日本人の平均寿命が五十歳を過ぎたのが1947年。
江戸時代は平均して五十歳まで生きる人は少なかった。
五十肩の定義は四十代後半から始まって五十代にピークを迎え、六十代まで見られると言う。
したがって寿命が今よりはるかに短かかった江戸時代は、たとえいたとしても年齢からしてまれだった事が想像できる。
だから侍の五十肩はあまり心配はいらなかったようだ。


なるほど、一つ勉強になりました。
くだらないかな??

関連記事