藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2014年09月11日
普段は地方にいるので今まで全く見えなかった事が、3ヶ月にわたる協会の諸問題の中にいた事で、内部が見えて来た。

慣例は一見、それを続けて行く事で安泰の様に見えがちだが、今まではこうだからと高をくくっていると、世の中から取り残される場合もある。
デジタルな時代に相変わらずのアナログ思考では物事の決定に時間がかかり、判断が後手に回り、チャンスを逸してしまう。

そう言う私もアナログの張本人だが、自分が出来なければ、相手を信頼して出来る人に頼めば良い。
任せる事により任された側はやる気になり成長もする。
最終責任はいつでもこちらが取るからとの態度を明確にする事で、相互信頼が増して結果に繋がる。

高齢化社会で民謡人口も頭打ちな現状で旧態依然としたやり方から思いきった改革をする時期に来ている様だ。
新しい体制になった協会の今後に期待をしたいがさて??

関連記事