藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2014年05月08日

4月6日、我々が所属する(一般財)『日本郷土民謡協会』と勢力を二分する(公益財)『日本民謡協会』主催、第17回津軽三味線コンクール全国大会が東京日比谷公会堂で行われた。
藤秋会がこの大会で優勝したのが第1回目だから、あれからもう17年も前になる。

今回は藤秋会からも訓栄、訓音、正木啓太、志賀金也の4名が出場するので応援かたがた、ロビー活動をしようと出かけた。
入場口で執行部の金子利夫先生に歓迎され、あとで会場にいた私を探してわざわざ弁当を届けてくれ、本部に顔を出してくれと言われた。

折角なのでご挨拶に伺ったら秋田出身の鈴木常務もいらっしゃり、話はやっぱりオリンピックの話題。
プレゼンは是非頑張ってくれと激励された。
必ずこのプレゼンを成功させ、その後は日民さんの力もお借りして、その先の目標を目指したい。

ロビーにいると若い方々が黙々と出番前の稽古に余念がない。
実に活気ある光景であり、津軽三味線が確実に日本の音楽文化として根付いてるのを感じる。


そんな中にお弟子さんを応援に来たのだろう。
昔、浅草の修行時代から一緒に夢を追った仲間が何人もいて、既にその話は知っていて、共に頑張ってくれることを約束してくれた。
みんの感触は良く、よしっ!絶対このプレゼンを成功させて、皆さんをオリンピックに連れて行くとの思いが強くなりました。

終演真近に協会の柴田理事長も顔を出してくれ、色々打ち合わせも出来、良いロビー活動が出来ました。


つづく

関連記事