藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2014年03月


兵庫県淡路島や播磨地区から神戸にかけての、瀬戸内海沿岸部ではこの時期、春を呼ぶいかなご漁が行われ、いかなごを煮た料理、通称、『釘煮』を何処の家庭でも作るのが慣わしだそうだ。

どうして釘煮かと言うと、煮ると錆びて曲がった釘のように見えるからだと言うが、甘辛く生姜味と山椒が効いた味は、酒の肴に良し、熱々のご飯のお供にもって来いの逸品だ。

何度かこの時期、姫路教室に伺うといただいた事があり、大好物になった。
昨年に続き、訓照(さとてる)さんが自慢のお手製を秋田の我が家に送ってくれた。


早速、熱々のご飯に載せていただいたが、あまりの美味さに、生姜味で一杯、山椒味で一杯、両方をお茶漬けでもう一杯、合わせて三杯もおかわりしてしまうほど。
この釘煮を食べる頃になると本格的に春の訪れを感じます。

訓照さん、ありがとう。
とっても美味しかったですよ。

関連記事

春よ来い。


☆春よ来い、早く来い、歩きはじめたみいちゃんが、赤い鼻緒のじょじょはいて、おんもに出たいと待っている。


どこかで春が。


☆どこかで春が生まれてる。
どこかで水が流れだす。
どこかで雲雀が鳴いている。
どこかで芽の出る音がする。

山の三月 そよ風吹いて、 どこかで春が生まれてる。



雪国に暮らす人々にとって春は待ち遠しい。
ふと昔習った童謡を思い出した。
春を待つ心情が短い歌に実に良く表されている。


昨年に続き今年も豪雪の秋田。
我が家の前のゴルフ場もやっと地面が顔を出した。
いくつになっても春は待ち遠しい。


ゴルフ場から楽しげな声が聞こえて来るのももうすぐだ。

関連記事
最近ブログにとても嬉しいメッセージをいただきます。

11日には千春さんから。

こんにちは!
また一歩前進され、大変嬉しく興奮が止まりません…

全国大会での500人のプレゼン!!
素晴らしいですね!
楽しみにしてます。
益々の御活躍を御祈りしています。

ーーーーーーーー

そして13日には、はっちゃん、という方から。

日本武道館、藤秋会の皆さんと五木さん、最高に素敵でした。感動しました!

ーーーーーーーー

千春さん、はっちゃん、とても嬉しいメッセージありがとうございます。
このようなメッセージは我々を大変勇気づけ、更に頑張らなくてはと思います。

どちらにお住まいの方かわかりませんが、これからも藤秋会を宜しくお願いします。

感謝

関連記事


大都市、名古屋を抱える東海地区を代表する経済情報誌として財界人に愛読されているのが、月刊、『東海財界』(代表取締役、塚本隆社長)

今月3月号の『芸能サロン』というコーナーに私を載せていただいた。
その中にオリンピック開会式出演の夢も書いていただいたが、トヨタ自動車はじめ、日本を牽引する企業がひしめく東海地区の経営者の皆さんにも、是非ともこの夢を後押ししていただけたら有り難い。


月刊、東海財界は630円、名古屋の有名書店でお求めになれる。

関連記事

細雪が終わり、いよいよ我々の出番。
音出しと共に目の前の大きな扉が上下(かみしも)にスライドすると大きなどよめきと共に拍手。


79人の演奏はバッチリと決まり、やがて中央せりから五木さんが登場しソロに入り、藤秋会と一緒に弾くシーンでは、一斉に揃って動く手の運びにため息とどよめきが会場にこだまする。


最後のシーンが終わると一瞬、間がありやがて怒涛のような、今だ経験したことのないような大歓声が場内に響き渡り、最高潮に盛り上がった。

8000人のパワーは半端ではない!

扉が閉まり聴こえてきたのは素晴らしいソプラノサックスの響き。
そうです、サプライズゲスト、はるばるアメリカから『ケニーG』の登場にまたまた大拍手が沸き起こる。

それにしても美しい音色だ。
五木さんのとの弾き語りのコラボレーションを終え、次のサプライズゲストは都はるみさん。

居酒屋をデュエットする為にわさわざ来てくれた。


終盤は新曲を折り込み、登場したお嬢さん(華菜子さん)からの花束には感極まり涙。
いつの世もパパは娘に弱いようです。
最後にいつもコンサートで最後に歌う、別れの鐘の音、を歌いあげ終演。
デビューしてから50年、五木ひろしとなってから45年。
一曲や二曲ヒットした歌手は珍しくないが45年間、常にトップを走って来た歌手は数える位しかいなく、そんな意味からも五木ひろしと言う人間がいかに凄いかがご理解戴けるだろう。

お世話になって10年の歳月は我々藤秋会が大きく飛躍するきっかけになりました。
心から感謝するとともに益々のご活躍を祈念しております。


最後にこの舞台の為に一生懸命頑張ってくれた79名の出演者、支えて戴いたご家族の皆さん、いつもご苦労かけている専属スタイリストには、この場をお借りしてお礼を申し上げます。


さあ、次の大きな山がまた立ちはだかっています。
頑張りましょう!!

関連記事

以前ご紹介したが、民謡日本一で秋田民謡界の名人位、故、浅野梅若師匠の高弟、秋田市在住の浅野孝子さん。

昨日二次会で経営するお店にお邪魔したが、とにかく歌が上手い。普通に歌の上手い人はざらにいるが彼女の歌は半端なく上手い。
いわゆる味のある歌、節回しが絶妙で中々そこいらにはいない歌手だ。

それもそのはず。
彼女は若い頃演歌歌手を目指して、五木ひろしさんが出場したあの、サンテ歌謡選手権で6週まで勝ち残った実力派なのだ。
複数の事務所から誘いがあったらしいが親の反対にあって断念。


彼女の歌を聴きたければ、秋田市大町の旧秋田銀行駐車場の隣のビル、1Fの『チャーミー』に行けば聴ける。



そして、その店に来たお客さんで五木ひろし似を発見!
歌も五木さんの歌しか歌わず中々の歌声でした。


どう?似てるでしょう?

関連記事

秋田の我が家の周りははまだ雪は残っているが、暖かくなり春のきざしが感じられるようになった。
四季がはっきりしている秋田で暮らしているとやっぱり春の訪れは待ち遠しく嬉しい。


昨日は稽古のあとで急遽、五木ひろし武道館コンサート出演のご苦労さん会を行った。
皆さんが会場から出た時はお客様が帰る時と一緒になり、ものすがい人の波。
三味線を持っているので多くの方に素晴らしかったと声をかけられたそう。

何だかスターになったようだと感激
大歓声と拍手に気を良くし、更に帰りにスター気分を味わえて、心に残る出演になったようです。


皆さん、良かったね。全国発売になるDVDが今から楽しみです。

関連記事

昨日の(一般財)日本郷土民謡協会、執行役員会で、2020東京オリンピック開会式に津軽三味線の出場を目指すためのプレゼンテーション、『津軽三味線500人弾き』の日程が日本武道館で10月25日(土)に正式に決まった。

テーマ曲、『じょんから六段』の譜面は私のものを使い、そしてその壮大なプロジェクトの指揮を私がとる事となった。

オリンピック開催が決まった9月8日にこの夢をぶち上げ、やっとここまで来た。
流派の違う500人の演奏は決して簡単なことではなく、それをいかに纏めて行くかが大きなかぎ。

北は北海道から南は鹿児島まで、広範囲から集まることになるので当然ながら、事前に音合わせすることは不可能で、ぶっつけ本番になる。
実際これは大変な事だ。


しかし藤秋会の状況もこれと同じで、今まで事前に一度も全員が音合わせすることなく、ぶっつけ本番で全国大会30勝して来た。


やれば出来る!絶対出来る。
私に課せられた責任は重いが、私はこれを必ずやり遂げる。


夢を叶えるために!!

関連記事
昨日の五木ひろしさんに続き、今日はいつも名言を送ってくれる、秋田県横手市在住の友人、柴田靖さんの60歳の誕生日です。

柴田さん還暦おめでとうございます。


その柴田さんから先日送られた名言と、小話をご紹介致しましょう。

今日の名言

チャレンジしての失敗を恐れるな。
何もしないことを恐れろ。
失敗が人間を成長させると私は考えている。
失敗のない人なんて本当に気の毒に思う。
困れ!。
困らなきゃ何もできない。
自分の力の足りなさを自覚し、知恵や力を貸してくれる他人の存在を知るのもいい経験である。
本田宗一郎(ホンダ創業者)


そして今日の小話は。

☆結婚した教え子から年賀状が来た。

「性が変わりました」と書いてあった。

ーーーーーーーー

う~ん、これは座布団10枚だなあ!
柴田さん、還暦を機に益々のご発展をお祈りしています。

関連記事
いよいよ開幕、それにしても大掛かりなセットだ。
武道館なので劇場と違い普段はステージも何も無いが、良くここまで作れるものだ。
流石トップスターの舞台、やることが違う。

オープニングは50年を振り返り映像で紹介、驚いたのはそのあと。CG合成で五木ひろしさんが二人出て来て会話している。
いったいこれはどんな仕掛けになっているのだろうか?興味は尽きない。

そしていよいよ本物の五木さんがオープニング曲『待っている女』の軽快なリズムで登場するが何と、真っ赤なドレスをまとったダンサーが50人、豪華そのものだ。

トークを挟みデビュー曲新宿駅からヒット曲30曲を一気に歌いあげるが、おん歳65歳、いったいどこにあんなパワーがあるのだろう。

見事に歌いあげ、続いての2部最初のサプライズゲストがコロッケ。

456kli235.jpg

夜明けのブルースと、ロボコップ五木ひろしを演じ、会場は大爆笑。
この人の努力も半端ではない。

コロッケに続く二部は和のコーナー、不朽の名曲、長良川艶歌から高瀬舟、細雪と続き、そしていよいよ我々藤秋会の出番だ。


つづく
ーーーーーーーー

さて、今日3月14日は、五木ひろしさんの66歳の誕生日です。

10年間お世話になった感謝の意を込めて藤秋会一同でHappybirthday toyouを歌います。


さん、ハイ。

Happybirthday to you、 Happybirthday to you、 Happybirthday dear 五木ひろしさん、 Happybirthday to you 拍手う~。


お体を大切に、いつまでも若々しくパワフルに頑張って下さい。
益々のご活躍をご祈念致します。

関連記事