藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2014年02月
昨日車で移動中にラジオを聴いていたら、アルツハイマーの予防には赤ワインが効果的だとか。

赤ワインを一日に4杯飲む人は全く飲まない人と比較するとアルツハイマーになる確率は4分の1だそう。

やっぱり赤ワインは体に良いんだあ。
しかも4杯も飲めるとは結構な話だが、このデータはアルコールの分解が早いヨーロッパ人のデータで日本人とは若干違うようだ。


どうも最近物忘れが激しいと思ったらワインを飲まなかったからだな?

今日から皆さん晩酌は赤ワイン、赤ワイン。でも皆さん飲み過ぎに注意!
アルツハイマーになる前に脳梗塞になりますよ。


えっ! 俺の事か?

関連記事
毎日『オハヨー』と言うタイトルでメールを送ってくれる友人、秋田県横手市在住の柴田靖さんが、昨日で三日間私のオリンピック出演の夢を配信してくれた。

50人に配信しているそうだが何とも有り難いことだ。
この夢を叶えるにはまず1人でも多くの人に知って戴くことが大事だ。


そしてふと思った。
今までこの夢を1000人くらいの人に話をしたが、仮にこの話を1人が10人に話をしてくれれば1万人に伝わり、その1万人が10人に話せば10万人、10万人が更に10人に話せば100万人、100万が10人に話せば1000万人、そして1000万人が10人に話せばついに1億人になる。
わずか5段階で日本中に広まる計算になる。

しかしながら伝わる過程で同じ人が聞く可能性もあるからこのとおりにはいかないまでも、同じ話を2回、3回と聞くことにより更に印象に残ることになり、効果は期待出来そうだ。

これからこの夢を語るときには、知り合い10人に必ず伝えて戴くことを忘れないようにしよう。

関連記事
久しぶりに藤秋会特派員便り、豊田藤秋会の大師範、訓慶(さとけい)さんから以下のご報告がありましたのでご紹介致します。
 
 
ーーーーーーーー
 
無4
去る2月23日(日)に豊田市コンサートホールで開催されました「子どものための大音楽祭」に訓道、訓一、訓慶の3名が参加しました。
 
無2
出し物はほとんどがオーケストラスの洋楽が主体でしたが、「和楽器のお部屋」という一室を確保して、津軽三味線の演奏、和楽器の展示、そしてちびっこの来場者には三味線に触れる体験もしてもらいました。
 
無1
撥で絃を何回か弾いているうちに、きれいな澄んだ音がでるとちびっこたちは感動していました。
11時から3時までひっきりなしにちびっことその親が来場。
大変疲れましたが、やりがいがあり充実した1日となりました。(文責:訓慶)

無3
ーーーーーーーー
 
皆さんお疲れ様でした。
今からやれば十分東京オリンピックに間に合います。
そんな子供達に是非夢をプレゼントしてあげましょう。
 
お三方はそれぞれお孫さんがいたはず。
先ずは自分のお孫さんにオリンピックに出してやるからと言って三味線をやらせましょう。
 
 
孫と一緒にオリンピックに出れるなんて、素晴らしいじゃないですかあ!
 
豊田藤秋会のお三方、尊敬されるおじいちゃんになる最高のチャンス到来ですよ!!
 
 

関連記事
毎日『オハヨー』と言うタイトルでメールを送ってくれる友人、秋田県横手市在住の柴田靖さんが、昨日私のオリンピックの夢に賛同してくれ、私のブログにアップしたのを配信してくれた。

柴田さんが毎日送ってくれるメール『オハヨー』は50人ほどの友人に毎日配信される。
私の夢を自分の事として捉え、一緒に叶える為に頑張ってくれると言う柴田さん。

あまりの嬉しさに目頭が熱くなりました。
以下は柴田さんが日々の名言と共に私への応援メッセージとして昨日彼の友人50人に配信してくれたものです。


ーーーーーーーーー
今日の名言


なぜ前向きに生きるのか。
それは、「運」がその人の前を通るから。
後ろを向いていると、前を通った「運」がわからない、わからなければキャッチできない。
内館牧子(脚本家)

☆よく運が良い悪いと言いますが、運のいい人というのは、考え方が前向きです。
by 稲盛和夫

★ソチ冬季五輪が閉幕し、次は2年後ブラジル、リオデジャネイロの夏季、4年後韓国、平昌の冬季と続く。
そして6年後の2020年夏季オリンピックはいよいよ「東京」で開催される…。
このメールを送信している中にも「東京オリンピック」に大きな夢を託している方がいる…。
何度かここでも紹介した事があるが、その方のブログから抜粋 http://tosyukai777.blog72.fc2.com/

☆2020東京オリンピックまであと6年半。
オリンピックはその国の文化を世界中に発信する最高の機会である。

今、日本独自の音楽文化で最も盛んなのが津軽三味線。
東京オリンピックが決定した時に即座に開会式に津軽三味線の演奏をすることを目標に掲げた。
私の構想では2000人から3000人規模で開会式のオープニングを飾ること。
そして今や世界中に広まりつつあるこの津軽三味線を同時中継で他の四大陸の愛好者と一緒に演奏することを夢に見ている。

とてつもなく大変な事で大きな山。
高い山ほど越えた時の感動は大きい。

東京オリンピックは私の人生を大きく変えそうだ。

津軽三味線がジャズを越える日がやがて来る!
東京オリンピック万歳!!


☆2020東京オリンピックの開会式で2000人の津軽三味線演奏をしたい。
そんなとてつもない夢を描いて、全力でその夢を掴みに行く。
実現するためには手をこまねいて、ただじっと待っていても叶うような事ではなく、大きなエネルギーが必要だ。

夢は勝手にやっては来ない。
一歩一歩みんなの力を一つにして掴みに行く。
人生、一世一代の大勝負だ!!


★この方は3月6日に東京九段の日本武道館で行われる、「五木ひろし芸能生活50周年記念コンサート」に
全国の大勢のお弟子さん達と共に出演される。


☆あと一週間あまりとなり稽古にも熱が入る。
なにぶんにも77名は全国12県からの選抜で全員の音合わせは当日のみ。
普通の会ではこれだけの人数で、当日まで音合わせをしないことなど考えられないと思うが、
藤秋会は全国に教室が分散しているため事前に集まることは不可能で、ぶっつけ本番が当たり前。

これで全国大会30勝を掴んできた。

当然ながら各セクションでの稽古は絶対妥協を許さない。
五木ひろしさんの公演に出演させて戴き丸10年、期待に応えつづけて来ての10年は我々の大きな財産になった。
ーーーーーーーーーー
強力な応援団がまた一人我々の夢に賛同してくれました。
応援してくれる多くの友人のためにも頑張ります。

そして必ずこの夢を叶えます!
柴田さん、本当にありがとうございました。
柴田さんのメールを受け取っている方々、どうか宜しくお願いします。

関連記事

平成25年度、秋田県民謡協会資格検定試験が昨日、我が家からすぐ近くの多目的ホール、秋田テルサで行われた。

この制度は平成元年からスタート。
全国を代表する秋田民謡を、後世に残すための指導者を育成する目的で格付け審査をするもので、部門が唄、三味線、尺八、太鼓、民舞の5部門に分かれており、下が5級から上が助教授までの8段階を審査し、その上の教授、名誉教授は教授会で推薦される。
私は立ち上げから10年間事務局を務め、25年間、三味線受験者の審査員を務めてきた。


昨日の全体の受験者は40名と過去最も少なかったが、そのうち三味線受験者は16名で大体例年並み。
今年は若手で有望な方々も何人かいて将来が楽しみだ。

総評で話す機会を戴いたので、最後に東京オリンピック出演の夢を語らさせて戴いた。
とにかく私が今やることはこの夢を一人でも多くの人に語り、その気運を盛り上げる事。

この夢が人づてに全国に広まることにより、可能性が高くなり、やがて実現する。
ハードルは高いが必ず出来ると信じて疑わない。

毎日朝起きたら『2020東京オリンピック』の開会式で演奏している姿をイメージする。
オリンピックのメダリストは、常に自分が表彰式でメダルをかけている姿をイメージしてるそうだが、私もそうしよう。


生涯最大の夢を叶えるために。

関連記事


57歳の誕生日を岡山でむかえ昨日の朝は爽やかな気持ちでホテルの朝食会場から岡山市内を見ながら朝食をとりました。

眺望の素晴らしい岡山市内を眺めながら戴く朝食はまた格別で、よしっ、頑張るぞ!
絶対オリンピックに出るぞ!との思いが強くなりました。

あまりにも壮大な夢で最初に話した時は笑われましたが、何かとてつもない事をやる時はえてしてそんなもの。変人扱いされてた人がやがて英雄になったりすることは良くある話だ。

英雄になりたいとは思わないが、せめて今笑ってる人がやっぱりやったかと思ってもらえればそれで良い。
藤秋会は今まで様々な歴史を作って来た。
そんな事は出来ないだろうと思われた事も実現して来た。

私の仕事は会員に夢を提供しそれを実現すること。
一生に一度有るか無いかの壮大な夢を叶える事が出来たら、何と素晴らしいことでしょう。

一昨日岡山教室の皆さんが作ってくれたオリンピックケーキを目に焼き付け、夢先案内人は人生最後の賭けに出ます!!

関連記事



昨日の誕生日、一昨日の姫路に続いてまたまたサプライズ!

昨日は岡山泊まりなのを察知した支部長の訓友(さとゆう)さんが、皆さんに声をかけ、有志で誕生日会をやってくれました。

ここしばらく、タイミングが悪く誕生日の日に秋田の家にいた記憶がないくらいだから、ケーキまで用意して戴き誕生日をあらたまって祝ってもらった記憶も無い。


そんな訳で昨日の誕生日会はこの上なく嬉しく、しかも会場はオールデイズを生演奏で聴かせてくれる『KENTOS』
名古屋にも姉妹店があるので以前行ったことがあるが、そこは70年代のニューヨークにタイムスリップした感じで雰囲気が凄く良い。
舞台でハピバースデイTOYOUを歌って戴き紹介をしてくれ、忘れられない誕生日になりました。

そして用意して戴いたケーキにはご覧のいきなはからい。
これは是が非でもオリンピックに出なければ申し訳ない。
苦手な踊りまで踊らされ、乗りの悪いステップはまるで盆踊りさながらで自分でも滑稽になる。
おかげで今朝は腰が少し変だ。


昔懐かしい歌とオリンピックケーキは一生心に残る誕生日となりました。


岡山教室の皆さん、本当にありがとうございました。

関連記事

今日は2月21日、また一つ歳を重ね今日で57歳になりました。

この歳になるとたいしてめでたくもないのですが、56歳最後の夜は姫路で向かえ、有志で御祝いをして戴きました。

こんな歳になってちっともめでたくないよと言ったら訓照(さとてる)さんが、何を言ってるんですか、この歳だからめでたいんじゃないですかあ、と言ってくれた。

この歳まで病気もせず、健康で過ごせた事に感謝をし、一年一年多くの方々に支えられながら生きている。
これ以上の幸せはないと言われたが、なるほどそのとおりだ。


歳をとってからの一年はそういった意味では若い時よりもむしろ価値があるのかも知れない。

生かされていることに感謝をし、次の一年を無事に過ごせたら、それは一年一年が更に価値の有るものになる。今日から考え方を変えました。

新たな素晴らしい一年になるよう全力で生きましょう。
そして、来年も素敵な誕生日を向かえられますように。

姫路の皆さんありがとうございました。

関連記事

この一週間オリンピックの影響で、完全に寝不足である。
日本に居ながら時差ボケをしているようだ。
しかし気になる。
選手がこのオリンピックの為に血の滲むような努力をして来たのだから、せめて日本人として応援しない訳にはいかない。


そして、やりました!
スノーボードパラレル大回転、竹内智香さんが見事に銀メダル!

素晴らしい!
またまた痺れました!アルペン競技でのメダルは史上初とか。
彼女がしきりに口にしてたのが感謝の言葉。解説の方も言っていたが、彼女は常に感謝の気持ちを忘れないそうで、成功するにはこの気持ちは不可欠のようだ。


ブログを始めてから同級生と決めた成功の秘訣4ケ条。


① 損して得とれ

② 笑顔

③ 継続は力なり

④ 感謝


しっかりと『感謝』の言葉が入ってます。
今回メダルを獲った方々は全て感謝の言葉を口にしています。
感謝の気持ちは持っている力を更に大きくしてくれるようです。

頑張れ日本!

関連記事
今朝の秋田は寒い。
底冷えがして目が覚めた。
室内の温度を見たらー1°
寒いはずだ。布団をかけてないと間違いなく凍死、体の芯まで冷えている感じ。
慌てて暖房をつけた。

さて、先日の会で乾杯の音頭をとる機会に恵まれたのでオリンピックの開会式に出る夢を話した。

主賓席にいた国会議員や県会議員の先生方は私を呼び止め、皆さんがそれは良いアイデアだから頑張りなさいと激励をしてくれた。
その中で、あるベテランの県会議員の先生は、
加藤さん、私はいつでもオリンピック委員会の会長に就任した森善朗元首相に話が出来る仲だと携帯を取り出し、森善朗と書かれた携帯番号を表示してくれ、後日話を通してくれると言われた。
協力な応援団がまた一人増えた。

夢は語ることにより拡がり大きな力になってやがて実現する。

いつもメールを送ってくれる友人の柴田さんがこんなメールを送ってくれた。
私の夢に対する励ましに思え力を戴いた。


今日の名言

何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。
報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続しているのは非常に大変なことであり、私は、それこそが才能だと思っている。
羽生善治(将棋棋士)

☆この世に、継続に勝るものはない。
才能は、継続に勝ることはできない。
継続と決意こそが、絶対的な力なのである。
by カルヴィン・クーリッジ

関連記事