藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2013年10月19日

数えて53回目を向かえた(一般財)日本郷土民謡協会が主催する郷土民謡民舞全国大会が東京九段の日本武道館で昨日から3日間の予定で行われていて、今日は2日目。


北は北海道から南は鹿児島まで35地区連合会から選び抜かれた精鋭達がその技を競う。
我が藤秋会が毎年出場していた合奏部門は昨年の大会において総合優勝20回を達成したことで一区切りをつけ、今年はお休み。
毎年遠くから藤秋会の合奏を聴きに来る方もいてそんな方々には申し訳ないが、休んで充電することも必要である。


したがって会から出場するのは個人戦唄部門3人と三味線、尺八の個人戦グランプリ部門にそれぞれ一人ずつ出場する。
例年だと大人数で合奏に出場していたので審査の合間の短い時間で音合わせをしていたが、今年はその心配もなくじっくり観戦し情報収集が出来る、


今日は2時過ぎに訓栄が出場するがさて?
三味線グランプリ部門は各地で行われている津軽三味線全国大会で優勝した強者どもがずらりと並んでいる。

先日の神戸大会で弾いたフレーズを更に丁寧に弾けば良い勝負が出来るかも。
他の4人は明日。

私は今まで15年間ほど審査員を務めて来たが、今年は明日の楽日に主催者側の役員に命じられ審査はお休み。


そんな訳で今年は例年と違う武道館になりそうだ。

関連記事