藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2013年10月03日
親友の同級生、栗谷秀宣君の尊敬する先輩に、秋田県横手市在住の柴田靖さんがいるが、ブログのネタに困った時に、たまたま拝借し、窮地を助けて戴いている。
今日も柴田さんからのネタでホッとする話だ

ーーーーーーーーーー
今日の話はちょっと乱暴な題名だが…。

☆「危ねーだろがババア!」

今日、走ってくる自転車の前にふらふらと飛び出したおばあちゃんがいた。
ティッシュ配りのバイト中だった私がそれに気付いて危ない!と思った瞬間には自転車の兄ちゃんが急ブレーキかけつつ
「危ねーだろがババア!」と怒鳴ってた。
.
確かに完全にそのおばあちゃんの不注意でのことだったんだけど、
でもそんなキツイ言い方しなくても…と、思わず2人の間に割って入ろうとした。
だけど、私が「ちょっと…」って言いかけたその時にその兄ちゃんは
「おめぇーが死んだら孫とかじじいとか悲しむだろが!!」と。

あまりにも予想外だったその言葉に、私含め周囲は思わずポカーン。
で、謝るおばあちゃんにその兄ちゃんは更に
「うるせーないいから荷物かせ! カゴ入れてってやっから貸せ!つーかケガねぇのかよババア!ああ!?」
と、脅してんのか気遣ってんのかわかんない発言。

結局その兄ちゃんはおばあちゃんに付き添って、来た道を引き返していった。
カゴにはおばあちゃんの荷物。
ティッシュ配りながら2人をコッソリ見送ってたんだけど、


おばあちゃんと兄ちゃんは何か色々喋ってるみたいでおばあちゃんも笑顔だった。

20分ぐらいしてから再度自転車で戻って来たその兄ちゃんにティッシュ渡しながら
「優しいですね」って言ったら、
「別に優しくねーよ!」とちょっと怒ったみたいに言われた。

でもその後で小声で
「ババアやジジイを大事にすんのは別に優しいとかじゃなくて 普通のことだろがよ」
と言ってるのもちゃんと聞こえた。
しかもちょっと顔が赤かった。


本気で惚れそうになった。

ーーーーーーーーーー
昨今、青少年のマナー、道徳観が薄れていると言われているが、この話を見るとまだまだ若い者も捨てたもんじゃない。
これから益々加速して行く高齢者社会。
こんな光景があちこちで見られると良い。


実は私はネタの提供者、柴田さんとは一度もお会いしたことがない。
そのうち栗谷君と三人で飲もうと言って中々実現出来ていないが、やっと念願が叶いそうだ。

先日、この日曜日に秋田県横手市で行われる第5回秋田民謡全国大会、秋田荷方節三味線コンクールに応援に来てくれるとメールを戴いた。

こんな文章を送ってくれる人。
勿論、心優しい良い人なのはわかるが、今からお会いするのが楽しみだ。

関連記事