藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2013年08月07日

東海北陸道を富山方面に走って行くと、高山に行く分岐点、清見から先はほとんどがトンネルである。

その、長いトンネルを抜けると眼の前に富山平野の大パノラマが出現し、日本の美しい原風景、散居村を一望出来る。
そして、その一番手前が富山県南砺市、城端(じょうはな)である。


ここ城端には大師範、訓政(さとまさ)の門下生が10人ほどいて訓政会の要として頑張っているが、この町に小じんまりとはしているが花道を備えた素敵なホール、城端座がある。

実はそこで富山の訓政会、訓芳会、訓若会が中心になり小さな公演を行う。
舞台が小さいので目一杯乗っても70人がマックスだが、東海地区の会員にも応援を戴き、全国大会28勝を誇る藤秋会ならではの質の高い合奏を披露したい。

ゲスト陣には藤秋会のレギュラー陣、中村仁美、水野詩都子をはじめ、ゴスペルのアノインテット、マス、クワイヤーの皆さん、そして地元富山の大御所、北本希一先生、踊りの二社中にも応援をいただく。


5月の夢舞台のような派手な事は出来ないが、やる以上は精一杯頑張りたい。


公演は11月10日(日)チケットは全席自由席で4000円。

関連記事