藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2013年07月17日

連日猛暑が伝えられてる日本列島だが、冗談ではなく今朝は寒さで目が覚めて、慌てて布団をかけた秋田。
嘘のような本当の話です。


さて、大会にはアクシデントが付きものだ。
昨年このさぬき大会に訓峯会が出て惜しくも2位の金賞だった。
大体の様子は訓峯から聞いていたが演奏が正座なのがひっかかった。

年配者になるとどうしても膝や足の悪い人がいて正座が出来ない人が出てくる。
正座の出来ない人だけを椅子でと言う手もあるが、正座の人がほとんどで数人が椅子と言うのも高さが合わず全体の見栄えが悪い。
そこで大会事務局に事前に事情を説明したら全員椅子で良いと了承を貰っていた。


今回は46名なので並びは4列、フラットだと重なってしまうので二列目以降が隠れてしまう。
全体のバランス。
個々の技量、序列等を考慮しシフトを組んだが、朝その事を訓栄に確認に行かせたら、前二列は正座で後ろ二列はひな壇を使ってくれと言う。


えっ? 事前には全員が椅子でやってくれと言われていたのに話が違うぞ。
当然ながら前二列が正座で、後ろ二列をひな壇に座らせると、その二列が目立つ。
急遽、シフトを全部組み変えた。


いよいよコンクールが始まり舞台後ろの通路で待機。
下手袖で舞台を確認に行ったら、んっ??
正座での演奏はひな壇よりだいぶ前になり、マイクがその前にある。
後ろ二列をひな壇にすると正座組二列は当然ながらひな壇の直ぐ前に座る。
そうすればマイクの位置が一列目と極端に離れてしまい、不利になる。


当然だとは思ったが確認の為、マイクは下げてくれるか確認したら、マイクの位置は動かせないと言う。

えっ!??
それはおかしいでしょう。
後ろ二列はひな壇に座れと言って指示をしてるのにマイクの位置は動かせないと言う。
それだったらマイクから離れてしまい明らかに不利になる。
必死に経緯を説明、抗議をするが、頑として音響の担当が聞かない。


規定でマイクの位置は動かせないと言うのだ。
これは困った。


つづく。

関連記事