藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2013年07月01日


薩摩隼人と言えば、勇猛果敢で質実剛健を旨とする鹿児島の男性を指すそうだが、最近藤秋会の若者の中でめきめき頭角をあらわしてきたのが鹿児島市日置市在住の高校3年生、訓煌(さとこう)


昨日稽古に伺い、終了後に食事を戴くのにリビングにお邪魔したら、ご覧の二枚の紙が目に飛び込んできた!。

一枚は優勝!、もう一枚は打倒!敬太君と 書いてある。


これは何だと聞いたら優勝は10月に行われる第5回秋田民謡全国大会、荷方節三味線コンクールの優勝を目指して。

もう一枚の打倒!敬太君は、こちらも青年部のリーダーで同じく秋田大会に出場を予定している訓栄会の大学2年生、正木敬太君の事だそう。

正木君もセンス抜群で最近その技術は目を見張るものがある。
これを書いた日付けが5月10日と書いてあるが、何と!藤秋会夢舞台2013が終わった僅か5日後にはこれを書いて壁に張ったそう。


何とも頼もしく嬉しいかぎりだ。
毎日これを眺めては意識を高めていたとすれば立派の一言に尽きる。


稽古で演奏を聴いたが、かなり良い仕上がりになっている。
結果はともかく、この意気込みには座布団10枚あげたい。


頑張れ、訓煌!

関連記事