藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2013年06月21日
5月の夢舞台があった事でその準備、後始末で4月28日に秋田から出て53日ぶり我が家に帰って来た。
東北も数日前から梅雨入りしたが何故か名古屋のようなじめじめ感は無く、過ごしやすい。
夕べ食事に出たが半袖だと寒く感じる。


今年の秋田は豪雪で、出る時は山あいにまだ残雪があったが、例年より一週間以上田植えの遅れた田捕の稲も順調に成育しているようだ。
風光明媚なのどかな田園風景にはやはり民謡が似合う。


昔は農協の移動販売車がよく民謡を流して売りに来ていたが、今では車社会になり中々そんな光景は見られなくなった。

はたして民謡はいつまで残るだろうか?
幸いな事に津軽三味線はお蔭さまで若い方々の愛好者が唄に比べて多い。
しかしながら、唄は小さい時、祖父母がスポンサーになり小遣いを餌に一時はやるが、学業が忙しくなるとやらなくなるのが現実だ。


奇しくも今日は午後から秋田県民謡協会、教授会の総会ならびに懇親会がある。
日頃あまり秋田にいない私だが懐かしい皆さんに会えるのも楽しみだし、良い話が出ることを期待したい。

関連記事