藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2013年05月09日
興奮覚めやらぬ舞台に今だぼうっとしている毎日でしばらくはこんな状態が続きそうです。

終了翌日から多くの方々からお褒めの言葉を戴き、大変な事をやったんだなあと思う実感が沸いて来ました。

この舞台の成功の陰には、様々な方々のご支援があって実現した事は言うまでもありませんが、何と言っても御園座の元、大プロデューサ、篠田邦雄さんとの出会いが無ければ叶わなかった事。

2000年御園座での藤秋会ミレニアム公演の際に、無謀を承知でお願いしたことを本当に親身になり願いを叶えてくれた。

あの公演がその後の五木ひろしさんの御園座公演出演につながり、その後数々のお話を戴だき今回の夢舞台に結び付いています。

今日はその篠田さんが6日の朝にご自身のブログに載せてくれたメッセージをご本人の了解を得て掲載させて戴きます。


----------
津軽三味線 「藤秋会」 偉業達成!!

5月5日 愛知県芸術劇場にて開催された津軽三味線「藤秋会」の ~夢舞台・藤秋会2013~ は、(財)日本郷土民謡協会が催す全国大会において「器楽合奏」総合優勝を20回達成した記念公演です。

記念公演には、加藤訓家元が十年前から御園座の舞台などで共演している歌謡界の大スター・五木ひろしさんが昼の部・夜の部に客演。同じく御園座共演した 川中美幸さん(昼の部)と島津亜矢さん(夜の部)も客演する豪華さです。

3年前の「藤秋会三十周年記念」には、津軽三味線の大合奏に民謡・手踊り・和太鼓・琴そしてゴスペル・・・・と盛りだくさん。そして400名を越える大集団がフィナーレの舞台を飾ったときは、客席からは万来の拍手が送られました。

「あの感動が忘れられない」と一番強く思っていたのは、加藤訓家元だったのでしよう。 今回は、ひと周りも ふた周りも大きくバージョンアップし、誰もが驚くプロ中のプロ歌謡界の大物3人をゲストに迎えてしまった。

御園座の舞台では、スターの歌謡ショーに家元率いる「藤秋会」がゲスト出演ですが、今日は「藤秋会・記念公演」に五木ひろしさん・川中美幸さん・島津亜矢さんがゲスト出演です。

舞踊会などでは、歌舞伎役者や俳優さんがゲスト出演する事もありますが、大概は一つの舞踊演目を踊られます。しかし、大物歌手ともなれば一曲二曲のショー構成はできません。 もちろん生バンドは必要です。

3人の歌手がそれぞれ自分の世界をお客様に伝えられる楽曲にされている。 また津軽三味線との共演では、やはり五木ひろしさんとの共演が、今回のフィナーレを前回以上に感動的に締めくくっていました。

今回も前回と同様に多彩な出演者が団体出演していたが、津軽三味線と民謡の組合わせで聞かせ、津軽手踊りの修練さ、ゴスペルの迫力、筝曲合奏の清廉さ、そして完成した「志多ら」の和太鼓とそれぞれの魅力を存分に見せてくれた。

歌謡界のスタープロとの共演は、まさに「藤秋会」偉業達成です。
----------


何よりも嬉しいメッセージです。

このメッセージに恥じぬ様また頑張ります。
篠田さん本当にありがとうごさいました。

関連記事