藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2013年04月10日

昨年の6月、日中国交正常科40周年の記念事業で北京を訪問した際に大変お世話になった、北京中央民俗大学の格日東図(ゲルロト)書記が来日したというので、同大学で客員教授を務める西川流舞踊家、西川真乃女先生の呼びかけで、北京を訪問した有志で歓迎会を開いた。

日中関係は尖閣問題などで現在硬直状態にあり、中々出口の見えない状況が続き心配されていたが、来賓の張立国名古屋総領事のお話によれば、水面下の交渉により、ごく近い時期に良い方向に改善されるとのお話。


国と国ととなれば色々な問題も生じるが個々には皆さん理解しあえているし、今の状況が良いとは誰も思ってないはず。
またあの歴史ある壮大なスケールの中国を訪問出来る日も近いだろう。
その日が一日も早く来るよう願いたい。


(写真真ん中が、格日東図書記、左が張立国名古屋総領事)

関連記事