藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2013年04月
知人からの名言

ーーーーーーーーーー
出来るか、出来ないかの選択をしている間は迷い続ける。
やるか、やらないかである。
決めれば能力は生まれる。
石川洋(作家・講師)

ーーーーーーーーーー

その通りだ。
藤秋会もやって来たから結果が出た。
結果が評価につながり、その評価が更なる自信になった。
自信は次の行動を生む。
今回の公演もやるだけ、ただ懸命にやるだけ。

仕込み日まであと3日、本番まであと5日。

関連記事

前進座出身で数々の大物俳優と共演してきた秋田が生んだベテラン女優に『浅利香津代』さんがいるが、浅利さんは5年前から日本舞踊の教室を秋田市内で開いていてちょうど東京から秋田にいらしていた。


来月の公演の事でチケットのご紹介をして戴いたので稽古場にご挨拶に伺ったが屈託のないいつもの笑顔で迎えてくれた。
浅利さんとのメールはいつも秋田弁でやり取りをするが、いつかもブログでご紹介したように、純粋な秋田弁を使える数少ない方の一人で浅利さんの方言は相手を包み込む温かさが感じられる。
特に秋田弁の朗読には定評があり、多くのフアンがその会を楽しみにしている。
機会があったら是非浅利さんの語りで三味線物語りをやってみたい。


たった二泊の我が家をあとに名古屋でラストスパートだ!

関連記事

ゴールデンウイーク初日の昨日の秋田は雪が降るんじゃないかと思うほどの寒さ、風も強く体感温度も低く感じた。

藤秋会夢舞台2013、各地のブロックごと音合わせも昨日の秋田が最後、あとは来週の土曜日のリハーサルで全体を組み合わせて完成。どんなふうに出来上がるかはわからないが、精一杯やったし、おおむね自分の中で描いた感触に仕上がっているしクオリティーは悪くない。


みんな良く頑張っている。
特に執行部の皆さんは会員の受け入れ、宿泊、ゲストへの連絡、チケットの問い合わせ、発送等々、朝から晩まで対応に追われ、自分の事がほとんど出来ない状態だ。
それもあと一週間。
最後のひと踏ん張りで頑張って戴きたい。


苦労した分、喜びも大きいはず。
頂上は直ぐそこだ!

関連記事

今朝の秋田は8度、とっくに桜は終わってるのかなと思ったら、何と我が家の裏の桜はご覧の通りでまだ咲いていない。

秋田市内では開花宣言が出たと言うがこの寒さではまだ数日かかりそうで、来月の頭が見頃になりそうだ。
東京とは一ヶ月半も違うことになる。
連休で秋田に帰省する皆さんには最高のプレゼントになりそうだ。

歳をとると早く起きるようになるが、夕べは一杯やって帰って来てパジャマに着替えたところまでは覚えてるが、気がついたらコタツで寝ていた。
南の方々は驚くだろうが我が家ではまだコタツをかけていて、この寒さではこの上なく活躍中。


3時に起きたら親友の栗谷秀宣君からメールが来た。
んっ?彼は良く夜中に仕事をしてるのでまだ起きてるのかな?と思ったら、早く寝過ぎて今起きたところだと言う。

お互い歳はとりたくないものだ。
それにしても3時は早過ぎた。
折角なので、来月の公演の演出で一カ所迷っていたところがあったので意見を求めたら、私の考えと一致。
一般の方の見方は先入観がないので正しい場合が多い。
これで決心がつきました。
早起きは三文の得と言うが本当だ。


さあ、今日は最後の稽古、途中居眠りしないように頑張りましょう。

関連記事
いよいよ、来週の金曜日には舞台仕込みに入いり、秋田や鹿児島の遠方から来る皆さんが名古屋入りするので、ちょうど一週間に迫った。

各地の最終調整も終わり、あとは明日の秋田の稽古を残すのみとなった。
どのような仕上がりになるかは来週の土曜日にならなければわからないが、やるべき事はやったつもりで、過去1番良いことは間違いない。


心配なのは今回の公演がゴールデンウイークのさなか5日になってしまったこと。
出演者、スタッフを含めて500人が移動することになるので、さて?問題なく出来ることだけを祈るばかりだ。

名古屋は数年前に厚生年金会館と公会堂の二つのホールが無くなり、会場を確保するのに至難の技、特に芸術劇場は競争率が高く、希望日を取るのがかなり難しい状況だ。
従って誰もが敬遠するゴールデンウイークしか取れなかった。


この事はチケットの売れ行きにも影響する。連休で旅行や予定を立てている人は来れないし、いつもは来てくれる遠方の方々も、交通が混雑するので諦めた人もいる。
はたしてその辺がどれくらい影響するのか。

そんな事もあり、チケットもまだ少し残っているが一週間で最後の追い込みをかけたい。当日、ご予定のない名古屋近郊の方は是非足を運んで戴きたい。

二度と観れない公演になる事は間違いないし、内容も自信を持ってお勧めできます。

さあ、今日は久しぶりの秋田だ。
最後の調整が待っている。

関連記事
昨日東京駅から中央線に乗るのにホームで待っていたら、御園座の谷本プロデューサーから電話。

今度の夢舞台に博多座の制作部長が舞台を観に来るので宜しくとの連絡をいただいた。
博多座には行ったことはないが、実は先日の五木ひろしさんに呼ばれて大阪に行った際に博多座の話が出て、もしかしたら、もしかするので考えてくれと言われた。

早速、プロデューサーが舞台を観に来るとは、本当にもしかするのかも知れない??
来年の五木ひろし50周年のスタートは1月の博多座1ヶ月公演から。

ひょっとすると来年の正月は博多で過ごすことになるかも???

関連記事

藤秋会夢舞台2013までついにカウントダウン。
プログラムが出来上がり印刷屋さんから届いた。
デザイン、配色、構成、全てにおいて過去最高の出来栄えで大満足!
手前みそながら民謡界ではありえない豪華な仕上がりになっている。

カラー紙面もあり、サイズも今までのB5からワンサイズ大きいA4サイズで、御園座などの劇場公演で1200円で売っているプログラムと全く遜色はない。

このプログラムに恥じないような公演にしなければならない。

関連記事

毎月通っている教室だがこれに気がついたのはつい先日の事。

帰りに岡山駅に送ってもらうのに車に乗ろうとしたらあれっ?
家の外壁が焦げて真っ黒になっているので、ぼやでもあったかと聞いたら、これはわざとこのように焼いているのだと言う。


ええ~?触って見たら完全に炭化している。これは焼き壁と言って、防虫と火災防止の為に杉板を炭化させ外壁として使う工法でこの辺では良く見るそうだ。
炭化しているので直ぐに駄目になりそうなイメージだが何と50年も持つそうだから凄い!

おそらく雪国では駄目なので秋田では見たことがなかったが所変われば品変わるだ。
それにしても昔の人の知恵は凄いといまさらながら思う。

関連記事

北陸高岡の朝、寒さで目が覚めた。
夕べは熱燗でたっぷりと体の内から温めたはずだが、あまりの寒さでアルコールが思ったより早く飛んでしまったようだ。
全国あちこちでたてつづけに地震が来たり、冬に逆戻りしたりで、地球が爆発しちゃうのでは?などと言う人もいて、皆さん最近の異変を心配してるようだ。


各地の調整も大詰めになって来て、昨日は30人ほどが出演する高岡の音合わせ。
前回指摘したところがかなり良くはなっているが、全体が揃ってくると、少しズレる人がかえって目立って気になる。
面倒でも本人の自覚を促す為に何度も止めてやり直し。
全体像が大分出来上がって来たがあとは各自の最後の調整。


皆さんそれぞれ県民性、考え方、価値感、そして技術が違うのをピッタリと合わせるのは至難の技だが目指す頂上は一緒。
あと10日、あと10日だ!。

頑張るぞ藤秋会!

関連記事
昨日の中日新聞夕刊に記事が掲載されました。
急遽、歌舞伎の記事を載せる事になったとかで、扱いは当初より小さいものになったそうですがしっかりと書いていただいております。
姫路教室終了後の食事の際に訓栄から記事がアイホンに転送され、なるほどとは思いましたが、写真を見て唖然!こんなに白髪が多かったのか?
写真は正直です。
自分では良くわからないのであまり気にはしてなかったのですが、身嗜みは芸人のマナーだと思いました。


姫路にはもう25年も通っていて、名古屋に帰る直行最終は昔から9時頃と決まっていた。暮に岡山駅でもらった時刻表には9時03分姫路発と載っている。

ぎりぎりまで大師範、訓和(さとわ)さんと飲んで、さあそろそろと駅の券売機をタッチしたがいくら操作しても乗りたい列車が出てこない。
心配した訓和さんが窓口に確認したところ、3月18日からダイヤが大幅改正、以前の名古屋行きは廃止、新大阪乗り換えで、しかも9時52分まで無い。


ええ~、唖然としたが無いものはしょうがない、また飲み直し。
やっとの事で帰って来ました。
新幹線のダイヤは滅多な事では変わらないと思ってたのがそもそもの間違いない。


何事も思い込みは駄目ですね。

関連記事