藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2013年02月21日

秋田に帰るとつくづく雪の無い所は良いなあと思う。
いくら寒くてもいいから雪は無い方がありがたい。

ところが農業県の秋田では雪が降らないと春に田圃に引く水が足りなくなるし、害虫も死なないから、農家にとっては降らないと困る事になる。
しかし、今年の様にこれでもか、これでもかとまるで拷問の様に降られるのも困ったものだ。

昨日、東京教室を終え羽田空港から帰ったが、吹雪で視界不良の為降りられなかったら羽田に帰ると言うアナウンス。
この時期、こんなアナウンスはしょっちゅうあるのでどうせ降りるだろうとたかをくくっていたら、何年か前には本当に羽田に帰ってしまった。
これには流石に参ったが、過去に名古屋に引き返したのが一回、秋田空港に降りられず岩手の花巻空港に降りたのが一回、計三回そんな事があった。


当機は最終の着陸体制に入りました、のアナウンスがあってからしばらく地上が見えないと段々不安になって来るが夜は暗いからなおさらだ。
秋田空港の周りは山だらけなのでドカーン、といったら一巻の終わり、後の事を色々書いておけば良かったなどと一瞬頭をよぎったりもする。

案の定、いつまで経っても地上が見えない。しかも強風の為横揺れが凄い。
降りる瞬間まで地上が見えなかったが、突然滑走路が現れ無事着陸。
良くこれで降りられたものだと心の中でパイロットに拍手!
降りて見たらもの凄い雪、翼にもかなりの雪が付いている。
地上では大型除雪車が何十台もフル稼動!
夕べの気温は-7度。
今朝もめちゃめちゃ寒く、早速く夜中に降った雪かき。
雪の降らない所が羨ましい。


そんな雪国秋田で生まれた私は今日で56歳を迎えた。
生まれた時もこんなに寒い日だったのだろうか?

秋田の春はまだまだ遥か、遥か遠くだ。

(写真は向かいの家の車)

関連記事