藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2013年02月08日

5日に東京ドームホテルで行われた(一般財)日本郷土民謡協会53回目の創立記念祝賀会でのアトラクションで、津軽三味線を演奏した菅野優斗さんを昨日紹介したが、もうひと方、尺八独奏、江差追分を吹いた方が同じく北海道夕張市在住の佐藤鴎雅(おうが)さん。

彼は菅野さんと同じく昨年の武道館全国大会で、尺八グランプリ部門のチャンピオンに輝いた方だが、その時の感想は10月25日のブログに書かせて戴いた。

再び聴く機会に恵まれ至福の時間を味わうことが出来て感動!。
私は過去に江差追分を何百回となく聴いたが、こんなにも素晴らしい江差追分の尺八を聴いた事がない。
おそらく何万人がザワザワしている広場で、彼が江差追分を吹いたら会場が瞬く間に水を打ったように静まりかえる。
そんな素晴らしい演奏だと思って戴ければ良い!


尺八の技術の高さは言うまでもないが、曲のめり張りの付け方が素晴らしく、体ごと、尺八の中に吸い込まれそうになる。
彼の尺八には芯があり魂が宿っている。

いったいどうすればあんなふうに表現出来るのだろうか?
彼の尺八は勿論だが、人間、佐藤鴎雅を知らなければその疑問は解けないような気がする。

また是非聴きたい。

関連記事