藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2012年09月25日



今朝慌てて飛び起きたら時計は6時半、あっ!そうかあ。もう行かなくてもいいんだあ。


『名古屋御園座五木ひろし特別公演』が幕を下ろした。


昨日の千穐楽は今公演で最も多い69名、これ以上舞台に列べない。毎回そうだが千穐楽はどことなくそわそわする。
いつもより早く楽屋入りし各楽屋へお世話になった旨ご挨拶に伺う。

そして座長のお部屋にもご挨拶に伺ったが、満面の笑顔で迎えてくれた。

いつもの様に稽古をし本番を迎えたが流石に千穐楽だ。
客席の盛り上がりはもはや口では表せないほどで、ペンライトが波を打って沸騰状態。
我々藤秋会への声援も今まで最高で一同大感激!


カーテンコールでは五木さんがご挨拶で我々の労をねぎらってくれ、一昨日に続いて来年5月5日の愛知芸術劇場で行う『藤秋会夢舞台2013』のピーアールをしてくれた。
皆さんの楽屋に上がって行ったら全員で迎えてくれ感謝の花束と寄せ書きを戴いた。


訓栄の感謝の言葉の時には、うるうる来たのを精一杯堪えていたが、訓芳の言葉には堪え切れずホロリ。
歳をとると涙もろくなっていけない。


我々にとって最後の御園座の舞台が終了した。
今回は31公演、1都、1府、13県から出演者延べ人数1759人。

また大きな財産が出来ました。



さあ、次の目標に向かってまた頑張ろう!
藤秋会の会員の皆さん、良く頑張ってくれました。
そして足を運んでくれ温かい声援を贈ってくれた全ての皆さんに心から感謝を申し上げます。

関連記事