藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2012年09月14日
『名古屋御園座五木ひろし特別公演』9日目が終了、これで14公演が終了した。


昨日は昼一回で貸し切り公演、出演者は53名。
遠方組が帰り半分ほどが入れ代わり、初めて出演する人が4人新たに加わった。


昨日嬉しい話を聞いた。
会員の家族が御園座からタクシーに乗ったら、運転手さんに、三味線が凄いらしいね、と言われたと言う。

運転手さんいわく。
それも乗ったお客さんがみんな言うと言うのだから、何とも嬉しい話ではないか。
こんな評価が1番嬉しく、よしっ!もっともっと頑張ろうという気になる。


終演後、来年5月5日の『藤秋会夢舞台2013』の打ち合わせを、御園座、谷本公成プロデューサー、20年以上、藤秋会の公演の舞台監督を務めて戴いている、牧村紀男監督、五木ひろしさんの舞台監督、廣瀬瞬監督と行った。

五木ひろし、川中美幸、島津亜矢、と民謡界では有り得ないスペシャルゲスト陣とのコラボレーションが見せ場のステージ。
東洋一と言われた『愛知芸術劇場』ならではの機構をフルに使って壮大な演出をするために頭を捻ったが、転換をいかに上手くやるかがひとつの鍵になる。


しかしながら、間違いなく、目を見張る壮大なショーになる。


こうご期待あれ!

今日は休演日、少しゆっくり出来そうだ。

関連記事