藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2012年07月30日
私はパソコンの知識はほとんどゼロ。
従ってブログは全て携帯で打っている。
画面が小さい分、レイアウトが分かりづらく当初は苦戦続きだったがこれも大分コツが掴めて来た。


ブログを毎日書き続けて良かったと思う事は、ネタを探す必要性から、観察力が鋭くなった事。
それに書かなくなった事で忘れていた漢字を思い出した事。
わずかだが、感じた事を文章に変える力がついた事。


ささやかながら自分の為には良い事もあったろうが、さすがに三年目は絶対毎日書く事はしないぞと決めていた。
それでは何故ここまで続けられたか?


理由は三つ。


以前、私と親友の栗谷君とで成功の秘訣を三つ決めたが。

① 継続は力

② 損して得とれ

③ 笑顔


一つ目の理由は、『継続は力』を自分で推奨してやらないのは説得力に欠けるし、石の上にも三年と栗谷君に励まされた。


二つ目は、二年目が終了した時点で総師範、訓栄(さとえい)に『千日行』と言うのがありますね、なんて、エールを贈られた事。


三つ目は、本来の目的だった会員増強の為のウェブマーケティング効果がだいぶ表れて来た事。



以上のような理由でやむなく三年目に突入はしましたが、一ヶ月もしないうちに後悔をしました。
理由はネタに苦慮した事。
毎日書くとはこんなにも大変だと思ったのはこの頃だ。
不思議な事にいくつもすらすらと書ける時もあるし、いくら考えても全く思い浮かばない時もある。



作家が原稿締切日になっても原稿が書けず、出版社の担当が自宅に押しかけ催促しているシーンをドラマなどで何度か視た事があるが、何となく理解出来る。
ネタを選ばずに何でも書いて良ければもう少し楽だったろうが、不特定の方々が見る事を思うと、政治ネタはあまり書けないし、一部を批判するようなネタも問題がある。
今日は何を食べて何時に寝たなどの日記帳のようでも面白くない。


多くの人に見て貰う事により藤秋会を知って戴き、結果会員増強にも繋がるだろうが、ある程度見てもらう為には面白くないと見てくれない。
見てくれないと効果が薄い。
ブログは自分のを読んで面白くなければ絶対続かないと栗谷君が言ったが、正しくその通りで行き詰まって苦し紛れに書いてるブログは面白くない。



続ける事がこんなに大変だとはこの歳になって知った。
何とも『継続は力』は簡単に言える言葉だがこの言葉の意味の重さと価値は尊い。



つづく

関連記事