藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2012年06月10日
河北省承徳市、かつて皇帝の離宮だった『避暑山荘』見学後、同じく世界遺産『金山嶺長城』を見学した我々藤秋会一行は、北京に戻り日本の芸術大学にあたる『北京民族大学』での公演の為、公演会場である大学内のホールに到着。
直ぐさま荷をとき日本福祉大学付属高校和太鼓クラブ、民族大学舞踊学院とのコラボレーションの為リハーサル。


公演は夜7時からで今日も800席は満員御礼、立見まで出る盛況ぶり。

日本舞踊、和太鼓、各グループそれぞれの出し物の後、我々藤秋会の出番。
特に中国国民が最も知っている日本の歌、『北国の春』では客席と舞台が一体となり、その次の曲、『花が』終わった時には今日一番と思われる拍手で気を良くした。



そして最大の目玉!三社中によるコラボレーション『絃奏津軽』は、たった一回のリハーサルにもかかわらず見事に決まり、客席からは割れんばかりの歓声と拍手を戴いた。



日中二国間には国情の違いから時として様々な問題が生じるのも事実だが、この様な地道な交流活動が相互理解に繋がる事を強く感じたしだいだ。



皆さん大変お疲れ様でした。

関連記事
テーマ:津軽三味線
ジャンル:音楽