藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2012年05月28日

島津亜矢御園座初座長公演がついに終了した。
16日間、25公演は長いようで終わってみればあっと言う間。
千穐楽の朝のご挨拶は『千穐楽おめでとうございます』
皆さんが楽屋に入ったのを確認し、それぞれの楽屋にお世話になった旨ご挨拶に伺う。


ほどなくして座長の島津亜矢さんが楽屋にご挨拶にお見えになりその後、御園座長谷川社長が役員を伴ってご挨拶に見えた。


初日同様、開演10分前に頭取部屋前に出演者が勢揃いし激励の声だしをして気合いを入れ座長を舞台へと送り出す。
毎回そうであるが千穐楽は1番盛り上がる。あちらこちらからの掛け声もいつにも増して賑やか。
フアンとは本当に有り難いものだ。


千穐楽とあって藤秋会の会員もたくさん来てくれた。
千穐楽はアンコールがあり、いつもよりお得感がある事を良く知っている。
我々の出番も無事に終了しアンコールを二曲。
初座長公演を無事乗り切った島津さんの安堵したお顔を拝見し、ジャンルは違えど同じ世界にいる者としてそのお気持ちは良くわかる。
何だか自分の事のように嬉しかった、
お客様にしたご挨拶は本当に心のこもった内容で、ああ、随分と苦労されて来たんだなあ、そして常に師匠に感謝を忘れない姿、お客様を絶対裏切らない姿が島津亜矢さんの魅力なんだと改めて知った。


これにて全て終了。
幕中で御園座長谷川社長の音頭で三本締め。楽屋の片付けをし、楽屋口を出たらたくさんの出待ちのフアンが声をかけてくれ、一瞬スターと勘違いするほど。



その後いつも大変お世話になっている御園座、谷本プロデューサー以下制作の方々を招いてささやかな打ち上げを行った。
気を張ってやって来たが、終わった安堵感と祝杯をやり過ぎたせいか、今朝は体が動かない。
やっぱり歳のせいか?今日からまた現実に戻る。
我々も次の目標に向かっていざ出発進行!



今回の公演に駆け付けてくれた藤秋会会員。ご家族、そして友人、知人の皆様にはこのブログを借りて心から厚く御礼申し上げます。そしてお世話になりました島津亜矢さん、本当にありがとうございました。


これからは一人のフアンとし陰ながら応援して行きます。
お身体ご自愛して益々素晴らしい歌を聴かせて下さい。



お疲れ様でした。

関連記事
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽