藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2012年04月25日

写真を整理してたらこんな写真が出てきた。確か10周年記念公演の時の一枚だと思われるが、私はこんなに若くて痩せている。


最近家に帰る度に家内からは太りすぎだと耳にタコが出来るほど言われているが、決して人より沢山食べる訳でもなく、むしろ食はわりと細い方である。
原因は加齢に因る肉の弛みと運動不足とお酒を少々たしなむせいか??と思っているが、暖かくなって来たので少し気合いを入れて何か頑張りたい。


さて、写真の左側の方が北海芸能の社長で松村和子さんのお父さん、『松村一郎』さん。藤秋会の公演やイベントにも過去に何度も来て戴いた。
その話芸はまさしく名人芸で80歳をむかえた今もその名調子は変わりない輝きを放っている。



そして右側の方が津軽三味線の始祖、仁太坊事『秋元仁太郎』の弟子で津軽三味線の神様と言われ今でもそのフレーズを勉強する人が後をたたない、初代『白川軍八郎』の息子さんで二代目の故、白川軍八郎さんだ。



この方は勿論三味線も弾いたがむしろ唄の方で有名で津軽民謡では名人と言われ当時私の様な若造がそう簡単に伴奏させて戴けるような方ではなかった。
松村一郎さんのはからいで秋田の10周年においで戴いたが、あの時伴奏させて戴いた津軽あいや節は亡き父親を唄った歌詞で、その時の情景と感動は今でもはっきりと脳裏に焼き付いている。



あれから早二十数年、今ではご覧のただのデブ(家内の言葉)です。

(写真は永井龍雲さんと)

関連記事
テーマ:津軽三味線
ジャンル:音楽