藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2012年03月18日
実は羽田で荷物を預ける時、秋田は天候が悪くもしも着陸できなければ羽田に引き返す条件付き飛行だと言われたが、どうせ降りるに決まっていると高をくくっていてさして気にもしてなかった。
前日所属する団体の例会があり付き合いで遅かった事と、島津亜矢公演の打ち合わせで神経を使ったせいか飛び立って直ぐに寝てしまった。



頭は寝ているがキャプテンの声があと20分で着陸すると、まるで夢の中で聴こえてきてるように感じてから少しして目が覚めた。
窓の外を見ると猛吹雪で全く下界が確認出来ない。
何が嫌だと言っても着陸間際になっても地面が確認出来ないほど不安な事はない。
それが長い時間続くと大丈夫だろうとは思ってもこのまま山に激突でもするのではないかと不安が増す。



低空での飛行が大分長かったのでもうそろそろ着陸だろうと思ったら急に出力を上げ上昇し始めた。
あれっ?やばいなあ。ひょっとして帰るのかなあと思っていたら、19:07分、客室乗務員から着陸を取りやめ上昇しています。
詳しい事は後ほどキャプテンからアナウンスがあると言う。



19:15分、キャプテンから雲が低く吹雪による悪天候の為視界不良で一旦着陸を断念、滑走路も除雪に30ほどかかり上空待機を命じられ、除雪完了後に再度着陸を試みると言う。


あっちゃあ!まずいなあ。
暫く同じエンジン音だったが19:20分、もう着陸を諦めたが如く急にエンジンの音が大きくなり全速力で飛行し始め、段々と秋田から遠のいて行く気さえする。
何年か前に羽田に戻った時があり、夜遅かったのでホテルを探すのに苦労した事が脳裏をよぎった。



19:35分キャプテンより除雪は完了したが天候が回復しないのでもう暫く上空待機のアナウンス。


19:52分キャプテン、20:00分に再度進入を試みるが駄目だったら燃料が不足してきたので羽田に帰ると言う。



20:00分、キャプテンスピーク。
これより降下する。20:09分着陸予定、シートベルトをしっかりのアナウンス。
半信半疑で、外を見ていたらやがて滑走路の明かりが見えてきた。よし!大丈夫だ。



着陸の瞬間、女子高生らが一斉に拍手。
キャプテンの言う通り20:09分着陸。
こうしていつもの倍の時間がかかり無事に着陸出来ました。
思えば山手線を逆に回った時からあやが付きましたが、やれやれでどっと疲れた一日でした。



今日は自分自身にお疲れ様。

関連記事