藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2012年01月22日


あちこち旅をしてると珍しい物に出くわす事がある。
岡山の稽古場にあるトイレだが物が物だけにブログに載せようか載せまいか毎月悩んでいた。



しかしながら55年間生きて来てこのタイプは初めて見る物なので、おそらく私のブログ愛好者でもそうそう見た人はいないのではないかと思い載せる事にしました。



ご覧のトイレは通常の物よりかなりスリムになっている。
しかもご丁寧にふたが付いていて使用時につまみを引き横に開く仕組み。
衛生面ではこの上無い優れ物、見事なまでの気の使いようだ。



一体何処のメーカーかと見たら流石!『TOTO』の品物。
成る程一流メーカーの作品だが、今まで見た事が無いと言う事は、どこぞに普及しない理由でもあるのだろうか?
ここの家のトイレにはこの殿方の小用の隣にご婦人用の物が有るが、ウオッシュレッド付きのこの手では初期の物とおぼしき物が据え付けられていて当時としてはかなり高額なはず。



実はこの家は教室長の訓友(さとゆう)さんが、この家の主から管理を任されている空き家。
管理する事を条件に無償にて自由に使って良いと言われている最高の稽古場。
もともとこの家の先祖はこの辺の庄屋様だったらしい。
成る程、したがって珍しいトイレが有るのも納得!
でもどうしてこの手が普及しないのだろうか?
もしかして特注のオリジナルなのかも知れない?。




同じ物を見た事のある方はご一報を。

関連記事