藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2012年01月01日
新年明けましておめでとうございます。
新たな一年に夢を託し今年も一生懸命頑張りますので何とぞ藤秋会を宜しくお願い致します。


結婚式に出席するため、昨日13時20分に名古屋国際空港を飛び立ち上海浦東国際空港に着いたのが現地時間の14時50分。
日本と中国は1時間の時差があるので日本時間では3時50分着、2時間半のフライトだからちょうど良い空の旅だ。




上海は約1年ぶりの訪問だが、昨年の万博までは目を見張るスピードであちらこちらで工事が行われていて変化していった町並みも今は落ち着きを取り戻している。
ホテルに着き荷物を解き一服していたら上海美食のコック達が迎えに来てくれ夕食の席を用意してくれた。
こちら中国では旧歴で正月(春節)を盛大に祝う習慣が今でも続いているが、新歴の正月は友人等と、旧歴の正月は家族で過ごすのが一般的だと言う。




日本の大晦日とは多少雰囲気が違うが、2300万人が暮らす巨大都市上海の町には人があふれ、飲食店はどこも満員、市内は大渋滞でタクシーも全く捕まらない。
12時を迎える頃にはあちらこちらで爆竹が聞こえて賑やかそのもの。



日本の年越しは割と静かに迎えるが、こちらはまるでお祭り騒ぎで何時になっても人の数が減らずデパートや商店も朝まで営業していて、これぞまさに大中国!このパワーと数の力には正直脱帽だ。



今年は曜日の関係でほとんどの会社が三日までお休みだと言うがさて?元旦の上海はどんな顔をしているのか今日はゆっくり町並みを探検して見よう。



(写真は結婚式を挙げるコック、金ちゃん夫妻を囲んで)

関連記事
テーマ:中国旅行
ジャンル:旅行