藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2011年12月12日

藤秋会の総師範、訓峯会(さとみねかい)の総見が三重県の伊勢市で行われ近鉄電車に乗り行ってきました。
峯杉(みねすぎ)さんの出迎えを受け降りた駅が伊勢神宮の玄関口、『宇治山田駅』。




稽古会場でお昼ご飯の接待役が笑顔のとっても素敵な準師範の峯曄(みねよう)さん。
彼女は何を隠そう、幼稚園の園長さん。
子供に対する眼差しそのままの優しい笑顔でこんな園長さんだったら安心して子供をあずけられる。




食後に出してくれたのがこちらではお馴染み、写真の『三軒茶屋餅』。
伊勢に来ると色々な事が勉強になる。
その昔東海道四日市、追分から分岐して伊勢に向かう道が『参宮街道』
この街道には色々な餅菓子が多いと言う。


伊勢の餅で断トツ有名なのが、ご存じ『赤福餅』。
その他、くうや餅、岩戸餅、神代餅、太公出世餅、等々。
どうしてこんなに餅菓子が多いかと言えば伊勢道中はお腹が減る。


そこで道中には『腹持ち』の良いのが餅という事に成る。
成る程納得!




また一つ勉強になった。

関連記事
テーマ:津軽三味線
ジャンル:音楽