藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2011年11月15日


一昨日の日曜日、鹿角民謡の第一人者『佐藤祐幸』さんが鹿角市大湯温泉のホテル鹿角で『佐藤祐幸ふるさとを唄う』を開催、食事をしながらのパーティー形式で鹿角民謡の数々をたっぷりと聴かせて戴いた。
日頃大変若々しい佐藤さんだが今年70歳だと言うからビックリ!
鹿角民謡を全国に広める為、まだまだ頑張らなければと言う佐藤さん、今後益々のご活躍を期待したい。



今回ショーの目玉は『姫マス』の人工孵化を艱難辛苦の末成功させた十和田湖開発の恩人『和井内貞行翁』の物語りを秋田小原節にのせて鹿角小原節として発表。
小学生の時、和井内貞行翁の事を学校で学んだ記憶があったが、会場にはお孫さんや和井内家の方々も出席、歴史を共有したような気分になった。


誘われるまま二次会、三次会まで参加し結局お泊り。
宿は『御宿、馬ぶち』小じんまりした旅館でしたが綺麗で風呂も良く朝食も太変豪華でサービス満点、是非お奨めの宿です。


大湯温泉は開湯800年の歴史を誇る名湯。
泉質は弱アルカリ性の食塩泉で外傷に対しての殺菌力が強くリュウマチ、神経痛、婦人病、胃腸等に特効性があると言う。
十和田湖にも近いので機会があったら是非お訪ね戴きたい所です。


◆御宿 馬ぶち◆

秋田県鹿角市大湯

0186ー37ー2277

関連記事