藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2011年10月01日

今日から10月、今朝もかなり冷え込んでいて寒い。
みちのく秋田は現在稲刈りがピークを迎え、田んぼにはコンバインがあちらこちらで忙しく動きまっている。



そんな中、『第三回秋田民謡全国大会』がいよいよ今日明日の二日間、横手市の秋田ふるさと村ドーム劇場で行われる。
初日の今日は唄のコンクールが予定され、民謡一般の部に県内外から95人、高齢者の部に50人エントリーしていて、それぞれ30人と10人が明日の決勝へと駒を進める。



折角来るのでと訓音(さとね)が秋田長持唄でエントリー。
そして地元のベテラン高橋實(訓實、さとみつ)が得意の秋田小原節でエントリーしている。



昨日我が家に来て三味線の最終調整をしたが、大分良くなって来た。
後は自分を信じて弾くしかない。
唄の方は今回はおまけみたいなものなので、精一杯唄い民謡王国秋田の厳しさ、レベルの高さをしっかり勉強して行って欲しい。



今日は9時半から予選開始、一日秋田民謡にじっくり浸れる。
さて今年はどんな味のある唄が聴けるか楽しみだ。

関連記事
テーマ:津軽三味線
ジャンル:音楽