藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2011年07月18日

3時45分目覚ましがけたたましく鳴り起床。昔、海上自衛官だった習慣が何十年経っても抜けない。
アラームが鳴ってからどれだけ早く持ち場につくか徹底的に叩き込まれたお陰で、いくら酔っていても3秒以内には起きる。


夕べは早く寝た事もあり鳴ってから1秒で反応、まだまだ感覚だけは衰えていない。
早起きは言うまでもなく世紀の瞬間『なでしこジャパン』の勇姿をこの目に焼き付ける為。
そして日本人の一人として、この瞬間に立ち会うのは国民の責務のような気がした。



不覚にも準決勝は目覚ましをかけわすれ撃沈。
朝のニュースに、視れなかった自分を恥じた。



手に汗を握る攻防は流石に世界ランク一位のアメリカ。
しかしながら我等がなでしこは、全くひけをとらず果敢に攻めて行く。
終わってみれば ピッチに踊り立つなでしこの花々が世界で一番綺麗に咲いた瞬間。
思わずその姿に立ち上がって手が腫れるほど拍手をしてしまった。


ありがとうなでしこ。ありがとう日本。
震災の傷痕深い日本に貴方達の勇姿がどれだけ励みになったか。



連日非難の的になっている総理だが、最後に彼女達に国民栄誉賞を贈る事で花道にして戴きたい。



なでしこ最高!本当にありがとう。

関連記事