藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2011年05月26日


まだ良いだろうと思い高を括っていたら、羽田から秋田に帰るチケットが一杯。


参ったなあと色々考えた揚句、教室のある青梅線中神駅から立川で乗り換え、埼玉県の大宮まで出て秋田新幹線こまちで帰る事にしたが、開業以来何年も経つのに乗るのは二回目。
家から空港が近い事と断然時間が早い事からいつも東京秋田間は飛行機を使う。


大宮発18時22分、こまち139号に乗り一路秋田駅まで4時間半もかかる。
随分時間がかかるんだなあと思いながらも新幹線が無い時は倍近くかかっていた事を思い出して贅沢は言ってられない。


途中、福島、宮城、岩手と大震災の被害にあわれた県を通るので心の中で手を合わせながら通過。
盛岡から秋田新幹線内に入り秋田駅に着いたのが10時56分。
朝6時30分の電車に乗ってからの走行距離は1000キロ余り。
流石に疲れたが、たまには大変な思いをする事で便利な物の有り難さがわかる事も必要。



こんなに秋田を遠く感じたのは久しぶりだ。

関連記事