藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2011年05月11日

昨日は私が所属する『中部日中経済交流会』の例会が名古屋駅のマリオットホテルで開催された。
在中国名古屋総領事館の張立国(ちょうりっこく)総領事をお招きして開催。
出席者は100名ほどで中部経済を牽引している経営者がほとんど。



冒頭、東北大震災犠牲者に対して一分間の黙祷。
開宴前の雑談で、福島原発の余波で停止を決めた浜岡原発の経済的なダメージを心配する声があちらこちらから聞こえてくる。



大矢裕慈会長の挨拶に続き乾杯の音頭を張立国総領事がとられたが、ご挨拶の中で、震災後日本への渡航を自粛していた中国が、先月の29日から自粛を解除、旅行客が戻りつつあるとの嬉しい知らせがあり日本の観光地に明るい話題となった。



間違った風評被害を食い止める為に本国に対し懸命に尽力して下さった領事館には心から感謝をしたい。
総領事は私が大変お世話になっている御園座へ観光客の観劇も奨励して戴き、今後色々な意味で中国との文化交流が期待出来そうだ。



また総領事は『五木ひろし』さんの大フアンで、我々も来月ご一緒させて戴く旨をお話したら、必ず観に来てくれる事を約束してくれた。
この様な機会に日本を代表する音楽文化である三味線が、広く中国にも理解して戴く事を心から願いたい。

関連記事